ブログトップ

毎日、完全醗酵(して生きたい日記)

kanzenhakk.exblog.jp

<   2013年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

初めての「自然農」の田植え

a0131618_207823.jpg

 6月23日。家族で田植えをしました!(^^)

 「自然農」の田植え(不耕起)なので、土は耕さず、草を刈り倒してから、その上から稲の苗を一本植えしていきます。

a0131618_201319.jpg

 苗床から、たまに生えてくる稲の苗そっくりな雑草の見分け中(笑)

a0131618_2025382.jpg

 鍬で、苗床から苗をトレーに移動していきます。

a0131618_2052691.jpg

 トレーに移動した苗を、一本一本分けて行きます!

a0131618_2065357.jpg

 刈り倒した草の上から、ノコギリ鎌で土に穴を開けて苗を植えて行きます!(^^) (自然農の稲作は、田植え中は水を少なくして、終わったらヒタヒタくらいにまで水を入れます。)

 田んぼに生えていたのは、ほとんどが枯れゆく冬草(カラスノエンドウなど)だったので、踏むだけできれいに倒れていきました。間から生えてきている、シュッとした夏草だけ鎌で刈りました。

 その頃の暦(こよみ)は、ちょうど「乃東枯」(なつかれくさ かるる)でした。

 乃東(だいとう)または夏枯草(かこそう)の異名をもつ植物「靫草」(うつぼぐさ)が枯れる頃。

 刈る草、刈らなくても枯れゆく草、草のサイクルを観察してきた古人たちはすごいなあ〜、と改めて思いました。そして、これからいっそう緑が深まる頃に、ひっそりと枯れゆく草を観察し綴った言葉がとても好きです。
[PR]
by kanzenhakkou | 2013-06-29 21:10 | | Comments(2)

Plain Style 「澄 敬一+松澤 紀美子 展」を観に行きました!

a0131618_12313594.jpg

 Found MUJI 青山で開催されている、「Plain Style 澄 敬一+松澤 紀美子」展 を見に行きました!
 
 写真は、澄敬一さんが、パートナーであり布作家の松澤紀美子さんのために、古い生活道具のパーツ(主に木とアルミ)を使って作られた道具スタンドです。左下に見えるのは、昭和初期の鏡付き・折りたたみ式ハンガー。

a0131618_137557.jpg

 展示中は、お二人の美しいアトリエの一部が再現されています。

a0131618_12522811.jpg

 古い写真の引き伸ばし機の仕組みを応用した本立て。美しい〜!

a0131618_12313612.jpg

 古いアルミ製救急箱にピアノが内蔵されたトイピアノ。

 澄さんは、「旧い素材を洗い、汚れやワックスを落とし、素材が呼吸できるようにして、それをマテリアルと」されます。作品の横に添えられているカードに書かれている、一つ一つの作品にまつわる、思わずフフっと笑顔になってしまうストーリーも読んで頂きたいです。
 
a0131618_026892.jpg

 モーターは最新のものですが、外のパーツは、古いアルミ製鍋などの古道具、アルミ板などから澄さんが作られた扇風機。澄さんは、素材の魔術師です!

a0131618_0351622.jpg

 なかでも、とても惹かれた作品だったのですが、悲しいことに写真がブレブレになってしまったため、Yasutoshi Arataさんの撮られた写真を転用させて頂きました・・・↑

作品の解説に書かれた説明を、そのまま引用させて頂きます:

「携帯できる展示ケース」
1960年代のフランス製の画箱の装飾を落として、鉄製や皮製のパーツをアルミ製に替えてある。小さな作品を運んでそのまま展示
するケース。内部には作品の修復用道具も収納、駅などで置引きされないように盗難防止装置を組み込んである。

 実際に、澄さんがケースを持ち上げてくださると、ゼンマイ仕掛けの防犯ベルが店内中に響き渡りました・・・!(笑)

a0131618_12523411.jpg

 同じく、持ち上げると、防犯ベルが鳴り渡る、美しい展示用ガラスケース。
 
a0131618_0222497.jpg

 美しい作業台・ワゴンと、座板の下にものが収納できるスツール。蛇口をひねると、水のかわりに光線が落ちるランプも(「本を洗うランプ」)。

a0131618_0262639.jpg

 読食スタンド(読みながら食べる)。

a0131618_0594775.jpg

 一冊用の美しい本立てと、血圧計のラバーチューブ製デコイ「鴨のダニエル」。

a0131618_12575420.jpg

 昭和初期に実際に作られていた、組み立て式・携帯用ハンガーや、竹製の折りたたみ式ハンガー。
いずれも、日本独自の無駄を削ぎ落とした美しいデザイン。
 まだまだ写真を撮りきれなかった、素敵な作品がたくさんありました。

 澄さんの、ウィットとユーモア、そして何より「優しさ」がある作品が大好きです。
 今年もまた、目と心を美しいもので満たして頂きました。どうも、ありがとうざいました。

 松澤紀美子さんは、8月に奈良の「くるみの木」で展示を予定されています。
[PR]
by kanzenhakkou | 2013-06-24 13:07 | Comments(0)

Found MUJI Plain Style 澄 敬一+松澤 紀美子

a0131618_2395962.jpg

 6月25(火)日まで、Found MUJI 青山で、とても尊敬している澄敬一さん松澤紀美子さん二人展が開催中です。

 澄敬一さんの作品や選んだものを良品計画が製品化したもの、良品計画の布を使って松澤紀美子さんが縫製したものが数量限定で販売されています。
 店内に、お二人の美しいアトリエの一部も再現されているそうです。

今週中に行く予定です!
とても楽しみです!!(^^)
[PR]
by kanzenhakkou | 2013-06-16 21:02 | Comments(0)