ブログトップ

毎日、完全醗酵(して生きたい日記)

kanzenhakk.exblog.jp

<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

菜の花と脱原発なう

a0131618_144461.jpg

 先日、山本洋子さんが野菜と一緒に送ってくださった白菜のブーケ。あっという間に伸びるのびる。
 愛らしい菜の花を咲かせて、良い香りを漂わせています。テーブルの上が春になりました。それにしてもすごい存在感、完全なワンマンショーです。

a0131618_144755.jpg

 この前の日曜日、銀座で脱原発デモに参加してきました。20人で申請されていたデモが1200人になりました。数寄屋橋から東電本社ビル前を通り、霞ヶ関方面へのルートでした。
 海外のメディアがたくさん取材に来ていました。BBCのニュースにはすぐに取り上げられていましたが、日本のテレビには全く登場しませんでした。不思議。

 ドイツでは福島原発事故の後、反原発デモが既に何度かありました。26日にはベルリン、ハンブルグなど4都市で25万人規模のデモがありました。当事国の日本、人数少ない・・・

a0131618_144944.jpg

 16日に帰国した母も参加しました(笑)
私が母のお腹に居た頃、チェルノブイリ原発事故の影響を受け、ミラノの食材店の牛乳、生野菜は全て廃棄されたそうです。しばらくは冷凍食品の野菜を食べ続ける生活が続いたようです。ヨーロッパはチェルノブイリの汚染被害を経験しているので、原発問題にはとても敏感です。海外と日本のメディアの温度差の違いには驚かされます。

 デモの後、田中優さん(人道的な活動を幅広くされている方です)の講演会を聴きに行きました。原発以外にたくさんの自然エネルギーの研究が日本でもされていることを知り、これからの日本に希望が持てました。海上に浮かぶカーボンファイバーの風力発電。波にちゃぽちゃぽ揺られながら自動的に発電してしまう波力発電。何と太陽光発電よりパワーがあり、波がある限り発電し続けます。日本の国土は、海を入れると12倍。海を使わない手はありませんね。日本は自然エネルギーをフル活動させれば、エネルギーの輸出国にもなれるそうです。未来が楽しみです。
→田中優さんが最近大阪で行った講演
今のどんなテレビのニュースを観るよりも分かりやすく、ためになる面白いお話です。是非皆さんにも観て頂きたく、またまわりの人にも伝えて頂きたいです。

 山本洋子さんのご主人の牟礼さんが「今まで原発の電気の恩恵を受けて来たけれど、今までありがとう。日本はこれで原発を卒業します」とおっしゃっていました。本当にその通りだと思います。

 それにしても、今一番気になるのは、福島原発から半径30キロ以内に居る人たちに、政府が強制退去を指示していないことです。一刻を争うのことなのに、何を決めかねているのでしょうか。ビジネスが人命より価値があることなのだとしたらおぞましいことです。
[PR]
by kanzenhakkou | 2011-03-31 02:14

境港の野菜と味噌漬け運動

a0131618_12233791.jpg

 東北関東大地震から早10日、時間が経つにつれ被害の大きさが明らかになってきて、心が痛みます。亡くなられた方のご冥福と、被災地の方々の復興と健康を心よりお祈り致します。
 
 余震や原発事故などの心配な状況が続く中、昨日までご実家の境港にお帰りになられていた山本洋子さんから、お父様が作られたお野菜がたくさん届きました!これは、その中に一緒に入っていた、白菜。既に開いていて花が咲きかけているので、「ブーケに!」という嬉しいメッセージ付き。春の到来を感じさせてくれる素晴らしいプレゼントでした。
 
a0131618_12235069.jpg

 大きなダンボールを開けると、フワ〜っと畑の良い匂いが漂いました。素晴らしいプレゼントに胸が一杯・・・
青梗菜、ブロッコリー、白菜、赤レタスにかわいいミニ大根など。下には立派な大根まで。元気なお野菜にエネルギーをたくさんもらいました!

a0131618_12275950.jpg

 夜ご飯は、元気なお野菜をシンプルに玄米ご飯と。ブロッコリーは茹でてそのままで(その後は「辛みもろみ」などを付けて)、赤レタスは「とうにゅうず」(大豆のマヨネーズ)とハーブ酢で作ったドレッシングで。後は、海藻のスープ、大根葉の常備菜、納豆、たくあん。

a0131618_12303487.jpg

 パリパリでみずみずしい赤レタスは、16日に帰国してきた母が「とうにゅうず」で作ったドレッシングで、何やらフレンチな味になりました。
 
a0131618_1301321.jpg

 写真は漬け床。

 大地震の直後、東京でもパンやカン詰などの食材が棚からなくなり、野菜、肉、魚などの生鮮食品が大量に売れ残って廃棄される事態になりました。お野菜も肉も魚も、お味噌や酒粕に漬ければ、美味しくなるだけでなく、栄養価も増し、保存も出来ます。
 昔は出兵の時なども味噌漬けが食料として重宝されていました。

 お味噌には放射性物質を除去する成分も含まれていて、広島・長崎で原爆が投下された時も、近辺でお味噌蔵に隠れていた人たちは被曝の被害が少なかった、もしくは無かったという話しを聞いたことがあります。
 仮に食材が少し汚染されていたとしても、お味噌に漬け込むことで、解毒作用もあるのではないでしょうか?

a0131618_12234360.jpg

 ニンジンと長芋の味噌漬け。
 今は、お味噌を同量のお酒で溶いた漬け床に野菜を漬込んでいます(今回、お酒が少し多くなってしまいましたが)。後は、お味噌と酒粕を同量、そして少量のお酒かお水で伸ばした漬け床でも美味しく漬けられます。
 ゴボウなども湯通ししてから漬けると、とても美味しい保存食になります。
 身体のためにも、全国から届く生鮮食品を無駄にしないためにも、日本の素晴らしい食文化である「味噌漬け」運動が広まることを夢見ます。

 洋子さん、洋子さんパパ、ごちそうさまでした!
[PR]
by kanzenhakkou | 2011-03-21 15:53 | 食べる

純米酒と野菜ご飯

a0131618_23464241.jpg

 日本に帰って来ました!
日本に帰って来て嬉しいのは、やっぱり日本酒と野菜ご飯。

 先日、サンフランシスコから一時帰国中のカメラマンのモリヤマケイコさんと、同じくSFで写真の勉強をして今は日本でカメラマンをされているワッキーさんカフェエイトに行って来ました。
 
a0131618_2336583.jpg

 ケイコさん(左)とワッキーさん(右)。純米酒をワイングラスで。口当たりが良く、繊細な味わいが感じられます。線の細いきれいな日本酒はワイングラスや渕の薄い杯で、完全醗酵型で甘みの少ない骨太なお酒は、渕の厚めの酒器で飲むと甘み・旨味などの味が感じやすいです。
 色々なお酒を取って、みんなで回し飲み!「千鋒天晴」純米吟醸、「王禄」生原酒、「貴」80。
 
a0131618_23364688.jpg

 春菊のサラダを同時に激写。さすが、お二人共プロ!(笑)

a0131618_23365072.jpg

 カフェエイトで私が大好きなメニュー。里芋のコロッケ、トマトソース添え。

a0131618_23371096.jpg

 パスタも絶品。ペンネアラビアータ。

a0131618_23371739.jpg

 デザートの盛り合わせ。焼きリンゴ、アップルクランブル、バナナパンプディング。満たされましたあ〜!
 楽しく食べて、飲んで、喋っていたら、気が付くと閉店時間を過ぎていました・・・!カフェエイトの皆様、本当にごめんなさい・・・
 遅くまでありがとうございました!

a0131618_23475724.jpg

 先日、菊地文代さんガイア御茶の水に伺った時に食べたお昼ご飯。身体が喜ぶ、玄米(今日は玄米が終了して白米)総菜定食です!
 
a0131618_234891.jpg

 嬉しいことに、その後は清水代表がおいしいコーヒーを入れてくださいました。
清水さん、ごちそうさまでした!
[PR]
by kanzenhakkou | 2011-03-06 01:07 | 食べる