ブログトップ

毎日、完全醗酵(して生きたい日記)

kanzenhakk.exblog.jp

<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

パリ編

a0131618_029982.jpg

 2月18日〜24日までパリに行ってきました。
土日はVanveの蚤の市へ。厳選された古道具というよりも、「うぶだし」屋さんがたくさん居て、空いた古いお家や倉庫などから出てきた物が(いっさいがっさい)並ぶので、掘り出し物を探すのが楽しいです。良く探していると素敵な物が見つかるはずです!

a0131618_0314735.jpg

 その後はClignancourtの蚤の市へ。
 こちらは屋内蚤の市で、それぞれの店主さんの個性(世界)が繰り広げられていて、センスの良いディスプレイを見ているだけでも楽しいです。
 広い市場を回るので必死で、全く写真が撮れていません・・・これは、帰り際に「どこか撮らなくては・・・!」と思って撮影しました(笑)
 次に来た時は、もっと心に余裕を持って歩きたいと思います(笑)

a0131618_0321642.jpg

 とても嬉しいことに、偶然同じ時期に製本家の都筑晶絵さんとお母様がパリにいらしていたので、合流させて頂きました。家庭料理のビストロで美味しいご飯を食べてから、パリのいろいろな素敵な場所にご案内して頂きました(都筑さんは、数年前までパリで製本の勉強をされていました)

a0131618_0322733.jpg

 火曜日は、ちょうどこの時期にパリで開催されていた農業フェアの「Salon International de L'Agriculture」に出掛けてきました。巨大なパビリオンの中には全国からいらした生産者のブースが並びます。安藤先生に「ウシやブタもいるよ」と聞いていたのですが、想像を絶する光景・・・!
パビリオンは6つ程あったのですが、1パビリオン全て畜産の動物たちでいっぱい・・・

a0131618_033010.jpg

 巨大な羊。Salon de L'Agricultureは、家族連れで訪れる方が多く、ディズニーランドよりも人気があるとか・・・!見たことのない品種の動物たちもたくさんいました。
偶然写ってしまった親子、そっくりだなあ〜(笑)

a0131618_0331368.jpg

 チーズのブースもあちらこちらに!色々な種類のカビが窺えます(笑)。ブースに立っている生産者さんに種類の説明を聞きたかったのですが、残念ながらフランス語がしゃべれないので断念。次に来る時までフランスを勉強するぞ!

a0131618_0331823.jpg

 都筑さん親子。チーズを量り売りで購入!豪快なチーズ生産者のおばちゃん(笑いっぷりも良いおばちゃんでした。笑)

a0131618_0333766.jpg

 会場のいたるところで、牛の品評会が開催されていました。
あまりの人波で(ほとんど身動きが取れず)、全会場は回れなかったのですが、かなり食べ歩いて満足です(笑)

a0131618_0334121.jpg

 夕方はギャラリーや古道具屋さん巡り。
ここは三人のアーティストが営む工房兼ギャラリー「ARTKRAFT」。

a0131618_034144.jpg

 古道具や金属スクラップを使って作られた作品が、ところ狭しとディスプレイされています。

a0131618_034634.jpg

 この日は、お店の半分はビニールシートで覆われていて、家具の塗装作業が行われていました。「今日は作業中で作品が少ないんだ。ごめんね〜っ・・・」と穏やかなアーティストのお兄さん。
こちらこそごめんなさい!(本当は、扉に鍵がかかって閉まっていたところを入れて頂いてしまいました・・・)

a0131618_034868.jpg

 車輪付きのロウソク立て。(笑)。

a0131618_0342811.jpg

 モン・マルトルの坂も歩いて、パリを高台から見渡す。やっぱり美しい街だなあ〜!
 今回は美味しいお店にもいろいろ出会えたのですが、またもや写真を撮れませんでした・・・次の滞在では必ず・・・!

a0131618_1321371.jpg

 モンマルトルの坂を案内してくれた木霊(こだま)。さすがパリ、ジブリフアンも多し!
(そういえば、だいぶ前に来た時もあったような・・・笑)

a0131618_037710.jpg

 最後の日は、虎屋のパリ店に修行に来ている光晴くん(いとこの同級生)とお食事をしました(前日は、虎屋におしるこを食べに)。
 光晴くん、自ら和菓子も作って新商品の試作までしているそうです。すごい・・・!
お仕事後にわざわざ出てきて頂いて、本当にありがとうございました。都筑さん、パリの素敵な場所にたくさん案内して頂きありがとうございました。また日本でお目にかかれるのを楽しみにしています!
[PR]
by kanzenhakkou | 2011-02-28 13:30

工場跡のレストラン

a0131618_2555858.jpg

 今日は、オランダから持って来た荷物の一部をミラノのクロネコヤマト(高いけど、現地の郵便局より安心。笑)から送り、その後は久々のイタリア料理を食べに!
 ここは、ミラノでジェノヴァ料理が食べられるお店「U BARBA」。ポルチー二クリームのリガトー二。ソースがトロトロです!

a0131618_4592336.jpg

 ジェノヴァが位置する「Liguria州」のお料理プレート。
 インゲン豆、ジャガイモとバジルペーストのトロフィエ、野菜のRipiene(お肉や野菜のペーストが詰まっています)、ほうれん草とリコッタチーズのキッシュ、ジャガイモの挟み焼き、リグーリア州の郷土料理のFarinata(ひよこ豆の粉のお焼き)

a0131618_2561863.jpg

 カジキマグロのピッツァイオーラ風(トマト、にんにく、オレガノ、ケッパーのソースがかかっています)。男性に人気。
 シンプルなグリンピースとタマネギのソテー添え。他では、よくベーコンが混ざっていますが、ここのはあっさりしていて嬉しい!

a0131618_48258.jpg

 お店の全景。真ん中の長いテーブルでは、相席や団体のお客さんがワイワイと食事をしています。遅い時間に行ったら、アッという間にお客さんが帰ってしまいました。
 賑わいが収まった後の静けさ・・・安心したシェフがおしゃべりに出て来ました(笑)

a0131618_2554232.jpg

 ダイナミックに食卓を照らすインダストリアルランプに、巨大な扇風機。夏は涼しいだろうなあ〜・・・(工場で働く労働者を冷やしていた物?)

a0131618_2563823.jpg

 手洗いコーナーも素敵です。

a0131618_2563846.jpg

 古〜い冷蔵庫!中はモダンな機械に改造してあるそうです。奥の部屋にある古いテレビも中身が改造されていました。ここの店主さんは改造好き。(笑)

a0131618_4495665.jpg

 連日雨続きで暗いため(と暗さのせいにして。笑)写真がちゃんと撮れないので、レストランのホームページの写真を借りました。明るいとこんな感じです。
 お店のホームページ(「店主さんの想い」なども載っています)もとてもきれいです。是非見てみてください。

(雰囲気でタイトルをつけてしまいましたが、本当に「工場跡」かどうかは定かではありません・・・ごめんなさい。笑)
[PR]
by kanzenhakkou | 2011-02-17 06:12

アムステルダム編

a0131618_922459.jpg

 2月11日〜14日。オランダのアムステルダムに行ってきました。
 事情があってパソコンを持って行けず、現地のインターネットカフェに行っても日本語が読めない、書けない日々でした・・・!
運河沿いの写真。滞在中はほとんど曇り・雨でしたが、時々太陽が顔を覗かせます。

a0131618_9461793.jpg

 若者の街、アムステルダム。移動はほとんど自転車。カップルが蚤の市に行って、生活で使えそうな道具や家具を担いで、自転車で持って帰るのは日常茶飯事。素敵だなあ〜・・・
 
a0131618_9221117.jpg

 カモメがいっぱい。浮いていたり、飛んでいたり。
 運河沿いのあちらこちらに、素敵なお家やお店がひしめいています。停泊した船に住んでいる人も(笑)

a0131618_9225185.jpg

 朝、De Looierの屋内骨董市に行く前に、Noorderkerk、Westerstraat通り沿いで毎週土曜日に行われるFarmer's Market「Boerenmarkt」に行ってきました。
 さすがオランダ、チーズの種類が豊富です。四方八方から様々なチーズの匂い(臭い?笑)が漂っています。

a0131618_2191511.jpg

 八百屋さんもたくさん並びます。
この日は、朝から大雨で空も真っ暗。それでも、皆テントの下をくぐりながら、たくさんの人がお買い物に来ています。

a0131618_923046.jpg

 ニシン、タラ、ムール貝などの魚介類のお惣菜いろいろ。

a0131618_9244666.jpg

 ドライソーセージ、オリーブ、パスタなど。

a0131618_9231813.jpg

 クレープ屋さんやワッフル屋さん。食べたい・・・けど、さっきチョコレートパンを食べてしまったばっかり・・・!

 月曜日は、ここで行われる有名な蚤の市「Noordermarkt」に行ってきました。掘り出し物がいっぱい見つかります!Waterloo Pleinの蚤の市も散策。
「Niewemarkt」の骨董市も行きたかったのですが、冬の間は残念ながらお休み。次は夏に訪れたいです。
 
a0131618_9255155.jpg

 これは、朝ご飯を食べた近くのパン屋さん。張り切って早起きしても、どこもお店が開いておらず、なかなか朝ご飯が食べられませんでした(笑)
今回は、初めての国(でも小学生以来?)のレストランでなかなか写真を撮る度胸がなく、食べ物の写真があまりありません。といっても、毎日ほとんどスープとパンでしたが・・・(笑)

a0131618_926375.jpg

 今回、一番楽しかったアムステルダムのエリアは、長い運河沿いの道のPrinsengracht、とHerenstraat通りでした。中央駅 (Amsterdam Centraal)を出たら西の方に歩いて、7〜8分くらいで行けます。駅前と中央通り(Damrak)の混沌とした雰囲気とは打って変わって、素敵なお家、ギャラリー、古道具屋さんがここそこに並ぶ地区です。

 写真は、Prinsengracht通りにある「Arphi Antiques & Atelier」。画家をされているJulie Arphiさんのアトリエ兼アンティーク家具のお店です。
 16日前にご長男が誕生されたばかりで、ごちゃごちゃのアトリエのキッチンで美味しいコーヒーをごちそうになってしまいました。

 ご主人のOlaさんはスウェーデン人の方で、スウェーデン原産の「世界一臭い」醗酵食品の一つ、「シュールストレミング」(ニシンの缶詰)のお話で盛り上がりました。Julieさんは嫌いだそうですが、ご主人は大好きとのこと。「今度来た時に食べさせてあげるよ!・・・もしくは今度日本に送ってあげる!」とおっしゃってくださり、「え!本当ですか?!」と喜んでしまったものの、移動中に缶が爆発して大変なことにならないだろうか・・・。そして、どこで開けたら良いのだろう・・・(絶対に家の中では開けてはならない食品だそうです。多摩川の川沿い?)

 とってもゆったりとした時間を過ごさせて頂きました。どうもありがとうございました!

a0131618_9271060.jpg

 そして、これはHerenstraatの道にある、古道具屋さん「Van Weerde」。
 
a0131618_9271394.jpg

 坊主頭でとても品の好いおじさんが選ぶ、装飾の少ない無垢の家具や、かっこいいインダストリアルランプ、白い器やグラスなどの生活で使える美しい古道具が並ぶお店です。
今回、一番好きだったお店です。

「Van Weerde」
Herenstraat 17
+31 (0)206387077
水〜金:11時〜18時
土:11時〜17時

a0131618_9424039.jpg

 14日、ミラノに帰って来て、父が作っておいてくれたレンズ豆入り野菜のカレー(完全ベジではありませんが)。そして白菜の創作煮物。野菜に飢えていたので嬉しい〜!ごちそうさまでした!
そして毎晩のようにワインをたらふく飲んで、早く寝てしまった父でした。

a0131618_2211464.jpg

 これは、カメラマンでありスタイリストのPia Jane Bijkerkさん著書の、アムステルダムの素敵なお店や地区を紹介している本「Amsterdam: Made by Hand」。Piaさんが選ぶ、古道具屋さん、雑貨屋さん、アクセサリー屋さん、オランダの若手デザイナーの服が買えるお店など、楽しいお店がたくさん紹介されています。
観光本には載っていないような場所がたくさん見つかります。お勧めの本です!

 まだまだ回りきれなかったところがたくさんあります。次は陽が長い夏に訪れたいです!
[PR]
by kanzenhakkou | 2011-02-16 00:07

ミラノ〜コモ編

a0131618_8105825.jpg

 ミラノのかっこいいお店「RAW」。ウィンドーに目が釘付けです。

a0131618_8104826.jpg

 3人のクリエイターさんによって選ばれたインテリア雑貨から古い物まで。この日、お店でいろいろと丁寧に教えてくださったMarco Calabreseさん、日本に古くから伝わる贈り物の包み方「折形」にとても興味があるそうです。次に日本に行った時は、「折形デザイン研究所」にとても伺ってみたい!と仰っていました。

a0131618_8122022.jpg

 話は変って、お昼ご飯のピザ。「10 Corso Como」の並びにある「All'Isola」のピザは昔から好き。薄さもちょうど良く、チーズも重すぎないピザです。

a0131618_812235.jpg

 野菜不足な今日この頃なので、シンプルグリル野菜をお願いしました。オリーブオイルとお塩、お好みで胡椒を振って。
 
a0131618_812572.jpg

 2月10日。ミラノで建築の勉強をされている石川泉さん(右)とコモに行きました!(左)
湖の前のバールで、午前中のコーヒータイム。雲一つ無い晴天です!

a0131618_813488.jpg

 美しい音色を奏でるハープ奏者のおじさん。後ろの「セール」のポスターさえなければ、雰囲気バッチリなのに〜・・・

a0131618_81841100.jpg

 お昼は、両親の30年来の友人の娘さんの美香ちゃんと合流しました!

a0131618_813168.jpg

 (左)美香ちゃん、(右)父。
美香ちゃんは、声楽を勉強しながら、コンサートをたくさんこなしています。すごい!

a0131618_816471.jpg

 お豆と野菜の具沢山スープ。

a0131618_8161118.jpg

 父と美香ちゃんは、ブレザオラハムとチーズのサラダ。

a0131618_818397.jpg

 久しぶりのコモ、楽しかったなあ〜!小さくて、ゆったりとした街。イタリアに住むとしたらコモに住みたいです・・・
明日からオランダに行ってきます!
[PR]
by kanzenhakkou | 2011-02-11 10:01

安藤先生とフィレンツェ

a0131618_1162631.jpg

 2月8日。東京農大の安藤先生がご家族とフィレンツェにいらっしゃるということで、一日合流をすることになりました!とても仲良しで、素敵なご家族です。

a0131618_1181230.jpg

 楽しくお昼ご飯をご一緒させて頂いたのですが、ちゃんとお料理の写真が撮れていませんでした〜(ごめんなさい!)
これはデザートタイムの写真。

a0131618_1182680.jpg

 デザートも大好きという安藤先生、パンナコッタを撮影中。
「昨日食べたチョコレートソースのパンナコッタも美味しかったなあ〜」とおっしゃっていました(笑)

a0131618_118341.jpg

 子供の時から好きなデザートの洋梨のワイン煮。友達のお母さんがよく作っていました(遠い記憶・・・)。

a0131618_1223650.jpg

 お昼ご飯の後は、サンタ・クローチェ広場で全国のいろいろなチョコレートメーカーが、バレンタインに因んで開催しているチョコレートフェアーに行きました。
 この日のフィレンツェは生憎の曇り空。全国的に春に向かっているイタリアですが、この日はもっと北寄りのミラノよりも寒いことに驚きました(息が白い・・・)

a0131618_1254169.jpg

 見渡す限りチョコレートの山!

a0131618_1225831.jpg

 海坊主の集団ようなチョコレート。

a0131618_1232730.jpg

 チョコレート製の工具や金物(!)。良く出来ています。

a0131618_1232193.jpg

 はいっ!何にしましょう!と、お店のお兄さん。
どうやって食べるんだろう・・・というような巨大なチョコの塊や、レンガチョコが並びます。
遂にはチョコ製のケバブまで・・・!

a0131618_2315591.jpg

 この後は、Ciompi広場に並ぶ小さな骨董屋さん街を散策。
(先生、長々と付き合って頂いてごめんなさい・・・!)
 最後にVangiの彫刻の前で記念写真(安藤先生、市場で買った1キロのパルメザンチーズとサラミが入ったバッグを片手に)
温かいご家族の皆さんと一緒に、とても楽しい時間を過ごさせて頂き、本当にありがとうございました。心に残る旅となりました。
気を付けて東京に帰られてください!
[PR]
by kanzenhakkou | 2011-02-10 06:49

新しいT-シャツとイタリア

a0131618_6304698.jpg

 新しく出来上がったプリントT-シャツ。今シーズンは、ワイヤーで作ったトランプのプリント柄です。

a0131618_519652.jpg

 グレーに「クローバーの3」もあります。

a0131618_5195351.jpg

 先週の金曜日は、久しぶりに歯医者さんに検診に行きました。
コンクリート打ちっぱなしの壁は「仲谷歯科クリニック」です。アルミ板で作ったウサギを飾って頂いています。
 仲谷先生は、フッ素を使って欲しくないとか、私の勝手なわがままをいつも聞いてくださっています・・・(笑)
いつもいつもすみません!

a0131618_5195652.jpg

 クリニックの機械の一部とウサギ。日本橋の高層ビルの風景に向かって、何とも言えなくラッパを吹いているウサギでした。
 
a0131618_5214897.jpg

 土曜日からイタリアに来ています!一年ぶりです。時間の流れがゆっくりだなあ〜。
これは、ミラノ郊外のBollateの小さな蚤の市です。
つづく
[PR]
by kanzenhakkou | 2011-02-08 06:53

最近の楽しいこと

a0131618_824146.jpg

 先週の楽しい出来事。
 二子玉川の高島屋にて、ミラノでの幼なじみのたっちん(左)と、最近ロンドンから帰って来た同級生の昇平君。二人とも大きい〜!たっちん、ついに4歳上の昇平君を超しました(会う度に大きくなってます)。もちろん、私は並びませんでした(笑)

a0131618_8242614.jpg

 姉の沙織(左)とたっちん。しっかり者の姉と、「アイスホッケー」一筋の、とても礼儀正しいたっちんです。
 久しぶりに集まれて嬉しいなあ〜!この日は、沙織の職場の玉川高島屋でランチをしました。そして、びっくりでおめでたいお話がありました!(詳細は後日)
たくさん笑って、あっという間に過ぎて行ったお昼時。

a0131618_8243079.jpg

 その後は、昇平君が行きたがっていた神保町の古本屋さん街に。夕方は、近くのクラシックな喫茶店で、二人でコーヒーとケーキセットを食べました。甘党二人(笑)
ソウルメイト、昇平君と過ごした「和む」午後でした・・・

a0131618_8243279.jpg

 週末は、大好きなお酒屋さんの「鈴木三河屋」さんに行ってきました。

a0131618_8244391.jpg

 「王禄」シリーズ。下の段はタカハシ酒造の「天遊林」

a0131618_8245485.jpg

 「山和」「七本槍」等。美味しい純米酒の数々が並びます。もちろん本格焼酎も。

a0131618_825869.jpg

 お酒についての素敵な本も置いてあります。藤田千恵子さんの「美酒の設計」や、山本洋子さん「純米酒BOOK」もあります。

a0131618_825935.jpg

 梶田商店の「巽」(たつみ)醤油など、美味しい調味料も販売しています。いつ来ても、目移りしてしまう楽しい品揃えです。長居をさせて頂き、どうもありがとうございました!

a0131618_8251074.jpg

 その日のおつまみ。白菜の中華風炒め。ガイアで見つけた、化学調味料を使っていない「オイスターソース」を使いました。お酒は「王禄」超辛純米。
ごちそうさまでした!
[PR]
by kanzenhakkou | 2011-02-07 09:36

試験勉強と晩酌

a0131618_230593.jpg

 試験期間中の息抜きに晩酌をしました。

a0131618_23121679.jpg

 今日のおつまみの「ゴボウの揚げ煮」。ゴボウをじっくり素揚げしてから、お出汁、お醤油、味醂で煮ました。味醂は、そのまま飲んでも美味しい「福来純」本みりんです。

a0131618_23233498.jpg

 大好きな、オーサワの「熟成たくあん」。醗酵が進んで、乳酸菌によって作り出された酸味、旨味の強い沢庵です。食欲をそそられます!(今思い出しても、ヨダレが・・・笑)

a0131618_231993.jpg

 ネギの焼き浸しと、キノコのお浸し。キノコ(しめじ、エリンギ、エノキ、生椎茸)はさっと茹でてから、お出汁、ポン酢(九重雑賀の「海ぽん山ぽん」)を合わせたタレに浸すだけ。

a0131618_23273965.jpg

 今日のお酒は静岡県の「喜久酔」(きくよい)特別純米。
透明感があるけど、奥深い味わい。穏やかな甘味がありますが、スーッと消えていくキレの良いお酒(無駄がない)
ずっと側に置いておきたいお酒です。
(ぬる燗がとても美味しいです)

a0131618_0333587.jpg

 試験期間の現実逃避で料理をした夜でした。(笑)
コップに入っているのは、お酒ではなくお水です。お水。
[PR]
by kanzenhakkou | 2011-02-01 02:26