ブログトップ

毎日、完全醗酵(して生きたい日記)

kanzenhakk.exblog.jp

カテゴリ:食べる( 24 )

嬉しい冬の贈り物

a0131618_21272824.jpg

 三重県で無農薬でお野菜を作られている近藤けいこさんのお野菜。きれい〜!(すべて井戸水で洗ってあります)お野菜の箱が届く日が一週間の楽しみです。

a0131618_21253790.jpg

 これは、先日、とても尊敬している発酵食品・純米酒のライターの藤田千恵子さんに頂いた、オーガニックのかんころもち(サツマイモのお餅)。焼くと、フワッ、モチっとした食感がたまりません。サツマイモの優しい甘みが、お茶の時間にぴったり。
 
a0131618_2126557.jpg

 これは山梨県・高根町にある大好きなカフェ、「ICHI」さんが送ってくださった贈り物。手作りパン、TIDA FARMのお米、トウガラシ、お豆など、嬉しいプレゼントが一杯!素敵なお手紙と贈り物、宝箱のようでした・・・(感激)佐伯ご夫婦、どうもありがとうございました。

a0131618_21334135.jpg

 これは夏に食べた、ICHIの「あげなすおろし蕎麦」。たっぷりの鬼おろしと素揚げしたお野菜と食べるお蕎麦、幸せになります。写真を観てたら、また食べたくなってしまった・・・
 
[PR]
by kanzenhakkou | 2011-12-18 23:13 | 食べる

柿、再び

a0131618_19232794.jpg

 秋。また柿の季節がやってきました!

a0131618_1933064.jpg

 秋の朝食。今日は梨も入って、果物の多い朝食になりました。

a0131618_19232945.jpg

 夜は、久々に母がパスタを作ってくれました(季節、最後のバジルで)。ごちそうさまでした!
 
 
[PR]
by kanzenhakkou | 2011-10-24 22:29 | 食べる

今日の夕食

a0131618_22574163.jpg

 今日の晩酌。ネギのバルサミコ醤油炒め、大根のカルパッチョ(あしたばペーストのせ)、蒸したサツマイモ(自然海塩で)。
お酒は、白隠正宗の生モト純米と、喜久酔の特別純米。
取り皿は、先日購入したばかりの、タミゼさんのホーロー皿(オランダのデルフト・リム皿をモデルに作られたお皿です)。

a0131618_23243136.jpg

 ネギは、菜種油で炒めてから、お酒、バルサミコ酢、お醤油で味付けしました。純米酒に合う!
〆は、玄米ご飯と具だくさん味噌汁でした。
ごちそうさまでした!
[PR]
by kanzenhakkou | 2011-10-04 23:30 | 食べる

境港の野菜と味噌漬け運動

a0131618_12233791.jpg

 東北関東大地震から早10日、時間が経つにつれ被害の大きさが明らかになってきて、心が痛みます。亡くなられた方のご冥福と、被災地の方々の復興と健康を心よりお祈り致します。
 
 余震や原発事故などの心配な状況が続く中、昨日までご実家の境港にお帰りになられていた山本洋子さんから、お父様が作られたお野菜がたくさん届きました!これは、その中に一緒に入っていた、白菜。既に開いていて花が咲きかけているので、「ブーケに!」という嬉しいメッセージ付き。春の到来を感じさせてくれる素晴らしいプレゼントでした。
 
a0131618_12235069.jpg

 大きなダンボールを開けると、フワ〜っと畑の良い匂いが漂いました。素晴らしいプレゼントに胸が一杯・・・
青梗菜、ブロッコリー、白菜、赤レタスにかわいいミニ大根など。下には立派な大根まで。元気なお野菜にエネルギーをたくさんもらいました!

a0131618_12275950.jpg

 夜ご飯は、元気なお野菜をシンプルに玄米ご飯と。ブロッコリーは茹でてそのままで(その後は「辛みもろみ」などを付けて)、赤レタスは「とうにゅうず」(大豆のマヨネーズ)とハーブ酢で作ったドレッシングで。後は、海藻のスープ、大根葉の常備菜、納豆、たくあん。

a0131618_12303487.jpg

 パリパリでみずみずしい赤レタスは、16日に帰国してきた母が「とうにゅうず」で作ったドレッシングで、何やらフレンチな味になりました。
 
a0131618_1301321.jpg

 写真は漬け床。

 大地震の直後、東京でもパンやカン詰などの食材が棚からなくなり、野菜、肉、魚などの生鮮食品が大量に売れ残って廃棄される事態になりました。お野菜も肉も魚も、お味噌や酒粕に漬ければ、美味しくなるだけでなく、栄養価も増し、保存も出来ます。
 昔は出兵の時なども味噌漬けが食料として重宝されていました。

 お味噌には放射性物質を除去する成分も含まれていて、広島・長崎で原爆が投下された時も、近辺でお味噌蔵に隠れていた人たちは被曝の被害が少なかった、もしくは無かったという話しを聞いたことがあります。
 仮に食材が少し汚染されていたとしても、お味噌に漬け込むことで、解毒作用もあるのではないでしょうか?

a0131618_12234360.jpg

 ニンジンと長芋の味噌漬け。
 今は、お味噌を同量のお酒で溶いた漬け床に野菜を漬込んでいます(今回、お酒が少し多くなってしまいましたが)。後は、お味噌と酒粕を同量、そして少量のお酒かお水で伸ばした漬け床でも美味しく漬けられます。
 ゴボウなども湯通ししてから漬けると、とても美味しい保存食になります。
 身体のためにも、全国から届く生鮮食品を無駄にしないためにも、日本の素晴らしい食文化である「味噌漬け」運動が広まることを夢見ます。

 洋子さん、洋子さんパパ、ごちそうさまでした!
[PR]
by kanzenhakkou | 2011-03-21 15:53 | 食べる

純米酒と野菜ご飯

a0131618_23464241.jpg

 日本に帰って来ました!
日本に帰って来て嬉しいのは、やっぱり日本酒と野菜ご飯。

 先日、サンフランシスコから一時帰国中のカメラマンのモリヤマケイコさんと、同じくSFで写真の勉強をして今は日本でカメラマンをされているワッキーさんカフェエイトに行って来ました。
 
a0131618_2336583.jpg

 ケイコさん(左)とワッキーさん(右)。純米酒をワイングラスで。口当たりが良く、繊細な味わいが感じられます。線の細いきれいな日本酒はワイングラスや渕の薄い杯で、完全醗酵型で甘みの少ない骨太なお酒は、渕の厚めの酒器で飲むと甘み・旨味などの味が感じやすいです。
 色々なお酒を取って、みんなで回し飲み!「千鋒天晴」純米吟醸、「王禄」生原酒、「貴」80。
 
a0131618_23364688.jpg

 春菊のサラダを同時に激写。さすが、お二人共プロ!(笑)

a0131618_23365072.jpg

 カフェエイトで私が大好きなメニュー。里芋のコロッケ、トマトソース添え。

a0131618_23371096.jpg

 パスタも絶品。ペンネアラビアータ。

a0131618_23371739.jpg

 デザートの盛り合わせ。焼きリンゴ、アップルクランブル、バナナパンプディング。満たされましたあ〜!
 楽しく食べて、飲んで、喋っていたら、気が付くと閉店時間を過ぎていました・・・!カフェエイトの皆様、本当にごめんなさい・・・
 遅くまでありがとうございました!

a0131618_23475724.jpg

 先日、菊地文代さんガイア御茶の水に伺った時に食べたお昼ご飯。身体が喜ぶ、玄米(今日は玄米が終了して白米)総菜定食です!
 
a0131618_234891.jpg

 嬉しいことに、その後は清水代表がおいしいコーヒーを入れてくださいました。
清水さん、ごちそうさまでした!
[PR]
by kanzenhakkou | 2011-03-06 01:07 | 食べる

クリスマスシーズン2010年

a0131618_19442426.jpg

 12月18日。kainotakumiさんこと小田切さんが、山梨での古いお家の解体の際に出てきた古道具(アルミの照明や、配線用碍子など)を持ってきて下さいました。art picnicでのお仕事の帰りに、わざわざ届けてくださったのです。嬉しいプレゼントをたくさん、ありがとうございました!
 小田切さんが乗って来られた車はなんと、「ミニ カプリオレ」のオープンカー!

a0131618_1945225.jpg

 その足で、カフェエイトにご飯を食べに行くことになっていたのですが、まさか真冬の夜に・・・
はい。全面「オープン」のままお店に向かいました。(笑)
耳は冷えましたが、冬の締まった空気が気持ち良いドライブでした!
 せっかくだから、表参道のクリスマスイルミネーションも観て行きましょう!ということで見渡す限り輝いている青山通りを走って頂きました。うわあ〜、きれい!

a0131618_19451354.jpg

 オープンカーからのイルミネーションの眺めは最高でした!
「僕が女の子じゃなくてごめんね〜(笑)」と気を使ってくださる小田切さん。僕の方こそ、こんな素晴らしい眺めを観ているのが奥様とじゃなくてごめんなさい。(笑)

 この後、小田切さんがまだ「タミゼ」へ行かれたことがないとおっしゃっていたので、中目黒へ向かう途中に一緒にタミゼに。
この後も、小田切さんのとても深いお話から大笑いなお話まで、本当に話しが尽きない夜でした。kainotakumiさんと、表参道のイルミネーションを堪能した12月18日でした。
 小田切さん。素晴らしい「ピクニック」をありがとうございました。来年の山梨の新緑も楽しみにしています!

a0131618_19463018.jpg

 12月24日クリスマスイブは、山本洋子さんのお家に、岡山県から一斗缶の牡蠣が届いたことと、アクセサリーデザイナーの白洲千代子さんがトノサマガエルに指輪(!)を付けてくださるということで、急遽ご近所さんでお食事会に。2時間前に招集を受けたという「うなぎさん」も奇跡的にいらっしゃいました。(笑)

a0131618_19471432.jpg

 胡麻油が効いた、美しい春菊の白和え。

a0131618_19472549.jpg

 白洲さんが作られた浸し豆。

a0131618_19501070.jpg

 ネギ、お豆腐、酒粕の炒め煮。

a0131618_1950534.jpg

 宮崎県の「ねむらせ豆腐」。国産大豆で作られた田舎豆腐を布に包み、半年から一年、味噌の中で「眠らせていた」味噌漬け豆腐。長い間熟成されていてクリーミーなペースト状になっています!

a0131618_1951729.jpg

 岡山県の丸本酒造さんから一斗缶で届いたという新鮮な牡蠣。生で、そして焼いてからレモンを搾って。

a0131618_19511922.jpg

 果汁たっぷりの無農薬レモン。
 
a0131618_08473.jpg

 牡蠣と一緒に、丸本酒造の「今朝搾り」純米大吟醸(写真を取り忘れていました!左端にちらっと)を頂きました。とても丁寧に作られたきれいな味でした。その後は、「白瀑」で有名な山本合名会社の「ど」。「飲む」というよりも「食べる」という感覚のにごり酒。

a0131618_19523438.jpg

 焼き牡蠣、一斗缶で記念写真!
 
a0131618_23593861.jpg

 白洲さんがペンチ持参で、トノサマガエルの一差し指に素敵な指輪を装着して下さいました。

a0131618_2123631.jpg

 指輪のアップ。

a0131618_23585169.jpg

 「高貴なカエル」に昇格したトノサマガエルと一緒に!(笑)

a0131618_2025699.jpg

 山本洋子さんの素晴らしい台所。ここからはレイコさんの「割烹・清野」に変身。お料理上手の白洲さんもお手伝いに。

a0131618_2065069.jpg

 この日は、ネギ、原木椎茸がいっぱい届いていたということで、レイコさん作「ネギと椎茸のペペロンチー二炒め」。味付けはシンプルに、にんにく、オリーブオイル、お塩だけ、だそうです。美味しかったあ〜!
 
a0131618_207815.jpg

 焼きネギのマリネ。太いネギは、下仁田ネギの変型の「殿様ネギ」。八ヶ岳のオーガニックパンのお店「ごぱん」の店主さん「かよママさん」から届いたばかりとのこと。

a0131618_2075433.jpg

 国産樅の木のクリスマスツリーの前で、新しいラベルデザインの王禄酒造の「丈径」。デザインはレイコさんとアキコさん。
 丈径の無濾過直汲みは冷やで、お燗で!発酵工程で発生する炭酸ガスが少し残っていてシュワッとしています。ああ〜、幸せ・・・

a0131618_151489.jpg
a0131618_152411.jpg


柿太水産「氷見糠いわし」。糠ごと炙っても美味しいですし、糠を落として生のままレモンを搾って食べても絶品(この食べ方、ハマってしまいました)。正に日本のアンチョビ!

a0131618_2211223.jpg

 炙った糠いわしが一匹あればご飯一膳食べてしまいます!
 お米は佐渡の「トキひかり」。トキがいなくなってしまった佐渡の田んぼで、トキが野生復帰できるように、農薬・化学肥料を使わない栽培に戻した田んぼで作られたお米。噛む程に優しい旨味を感じる、味わい深いお米です。
 
a0131618_20321854.jpg

 農薬・化学肥料を使わなくなったことで、トキの餌になるドジョウ、タニシ、メダカ、カエルなどの小さな生き物たちが増えて、2008年から再びトキが戻ってきたそうです。
↑(毎年、田んぼに現れる生き物が増えているそうです!)見え辛くてごめんなさい。詳しくは→こちら

a0131618_20143622.jpg

 新しい発見なおつまみの「ベジ・スルメ」。原料はなんと竹の子!噛めば噛む程味があり、食感も本当にスルメみたいです・・・。化学調味料も不使用。
優しい「うなぎさん」、写真のキメ顔は何故か強面。(笑)

a0131618_2213829.jpg

 最後に、三重県のタカハシ酒造が毎年「新嘗祭」に神社に納めるための御神酒(おみき)として造られている由緒正しいお酒を頂きました(非売品)。木桶仕込みです。
この後は、カフェエイトのクリスマスケーキと、牟礼さんが入れてくださった美味しいコーヒーで幸せな夜を締めくくりました。

a0131618_2029770.jpg

 アキコさんに頂いた、チョコレートのヴィーガンクリスマスケーキ(一人で一個食べちゃいそう・・・笑)
ごちそうさまでした!
 
[PR]
by kanzenhakkou | 2010-12-27 03:43 | 食べる

冬の味覚

a0131618_2251362.jpg

 ガイア代々木上原店で冬の朝市が行われていました。この日は残念ながら、「壷焼き」の焼き芋はお休みでした。でも美味しい冬の味覚が一杯です!リンゴにお餅、クルミ、干し芋・・・

a0131618_2252066.jpg

 目移りしながら物色していると、とても小さなリンゴを発見。

a0131618_225222.jpg

 大きさはこんな感じです(直径約4センチ)。
 酸っぱいタイプのリンゴかと思うと、店長の小林さんが「甘くて美味しいよ!」とおっしゃっていたので、帰って食べてみると、本当に甘くて味のしっかりしたリンゴでびっくりしました。青森県の、遊び好きのリンゴ農家さんが、掛け合わせで作ってしまったそうです。(笑)
 
 私は、生のリンゴはあまり量が食べられないのですが、これなら丸々一個食べられる!しかも美味しい。

a0131618_22103233.jpg

 そしてこれは、そのリンゴ農家さんが作っているクルミ。見たらつい食べたくなってしまいました・・・早速購入。
縦線のおしりにナイフを刺して横に動かすと、パカっと簡単に割れます。一口食べて「んん〜」。とても香ばしく、噛めば噛む程しみじみ美味しいです。炒ってハチミツと絡めても美味しそう・・・

 今年お気に入りのクリスマスソングは、Celtic Womanの「The Christmas Song」。歌詞の始まりは「薪火で焼かれる焼き栗・・・」。この時点でよだれが・・・
栗と暖炉はありませんが、クリスマスソングを聴いて、紅茶を飲みながら(マカイバリ紅茶・秋摘み)クルミを割って食べているととても幸せ。
 
 そしてもう一曲。1984年に、イギリス・アイルランドの大物ミュージシャンが募金活動(Band Aid)のために集まって歌った曲「Do They Know It's Christmas?」
StingやPaul Youngの声が美しいです。よく聴いていると歌詞が素晴らしい言葉でした。ワンフレーズに「そして祈ろう。人のために祈ろう」という言葉があります。人はいつも「自分」のために祈りがちですが、本当の「祈り」とは、「人のために祈ること」なのだと改めて気付かされる歌詞でした。
 一年のこの時期だけですが、クリスマスソングを聴くと心が暖かくなりますね!
 
[PR]
by kanzenhakkou | 2010-12-20 00:57 | 食べる

大木とご飯

a0131618_22321015.jpg

 先日、映画プロデューサーの菊地文代さんと大学の側をお散歩した時に案内して頂いた、樹齢800年の木。専門家が調べたところ、800年までは遡れるけれど、それ以上はわからなかったので、おそらくもっと古いと思われるそうです。
 実物を間近で見ると、その太さ・偉大さにきっと驚きます。千年近くも、ずっとそこに立って人の歴史を見て来たんだろうなあ・・・と感じて、おもわず心の中でお辞儀をしてしまいました(畏敬の念を払って)。

a0131618_22321286.jpg

今日のおつまみ。
カブの炒め物。カブと、カブの葉っぱをごま油で炒めてから、出汁少々、塩、醤油で炒め煮にしました。ごま油の香ばしさとカブの甘みがとても合います。

a0131618_2232173.jpg

 VEGE BOOK4に載っている「春菊と白髪ねぎの菜種油和え」(味付けは菜種油と塩、炒りごまのみ。なのにこんなに美味しくて良いのでしょうか・・・)、と父作の肉じゃが。

a0131618_22321912.jpg

 全体の図(上から見るとちょっとユーモラス?)。その後の〆はご飯と、具だくさん味噌汁。

a0131618_22322276.jpg

 最近お気に入りのお酒、「白隠正宗」の山廃純米。「白隠正宗」らしい柔らかい甘みと、「山廃造り」特有の酸と旨味のバランスがとても良いお酒。スルスル〜っと優しく身体の中を流れて行きます。ああ〜幸せ。
ごちそうさまでした!
[PR]
by kanzenhakkou | 2010-12-05 23:29 | 食べる

父と晩酌

a0131618_233453100.jpg

 久しぶりに日本に来た父と晩酌をしました。お酒は、大好きな「睡龍」生もと純米。お燗が美味しいです。

a0131618_0163128.jpg

 おつまみは蓮根のきんぴら。


a0131618_0164361.jpg

 豆腐ソースのグラタン。豆腐ソースの作り方は、絹ごし豆腐、白みそ、オリーブオイル、レモン汁、塩少々をミキサー(またはフードプロセッサー)にかけるだけです。簡単。
カノウユミコさん「菜菜ごはん」のレシピを見て作りました。

a0131618_0165324.jpg

 グラタンの中身は長芋とマッシュルーム。動物性の材料を使っていないのが信じられないくらい、深いコクと感動の満足感があります。
 

a0131618_017643.jpg

 漬け物。「久保本家酒造」の奈良漬けと、オーサワのもろみ漬け大根。

a0131618_0171962.jpg

 父作・タコとポテトのサラダ。味付けはオリーブオイルと塩のみ。シンプルですが、やみつきになるおつまみ。
本格的に寒くなってきて、お燗の美味しい季節。ゆったり飲んで食べた夜でした。
[PR]
by kanzenhakkou | 2010-11-19 00:18 | 食べる

パスタで動けなくなる

a0131618_15595142.jpg

 先日、田嶋君が家に遊びに来ました。もう一人来るはずの友達が結局来られず、簡単な物をつまんで(手抜きでごめんね!)お酒を飲みました。蒸したカボチャとカブ。お好みで、ピーナッツバターソースと「辛味もろみ」をつけながら食べました。「野菜って、蒸すだけでこんなに美味しいんだね!」と喜んでもらえて嬉しかったです。
後は、近くのパン屋さんで買ったバゲットと、チーズ(共働学舎の「コバン」)。

a0131618_1602036.jpg

 大根のスライスが少し残っていたので、「よっちゃんなんばん」に漬けてみました。

a0131618_160342.jpg

 〆は、パスタ2種類を食べました。まずは、帆立とフレッシュトマトのコンキリエ(イタリア語で「貝」という名前のパスタ)。

a0131618_1604970.jpg

 これは、ミラノの幼なじみTOMOKISSIMAのお母さん、久美子さんに頂いた、手作りのドライトマトとピスタチオのソース。久美子さんは、お料理と保存食の達人です。美味しかったあ〜!
合計4人分くらい食べて、二人とも動けなくなりました。。。(笑)

おまけ写真:
a0131618_1640159.jpg

10月中旬、一時帰国していた久美子さんとカフェエイトでランチをした時の写真(手作りソースを手に)。いつか久美子さんに日本でレストランを開いて欲しいなあ・・・(私の勝手な希望)
たくさんの美味しいお土産をありがとうございました!
 
[PR]
by kanzenhakkou | 2010-10-31 22:40 | 食べる