ブログトップ

毎日、完全醗酵(して生きたい日記)

kanzenhakk.exblog.jp

カテゴリ:畑( 19 )

幸せな晩ご飯

a0131618_11325074.jpg


朝、畑で採れたインゲンです!平さやの品種です。
茹でてしょうが醤油で食べました。味も歯ごたえもしっかりしていてとてもおいしいです!
器は、お気に入りの絵唐津の盛り鉢です。

a0131618_1138857.jpg


 ナスがどんどん実っています。今日は、ただ皮に切り目を入れて素揚げにしました。みじん切りにしたタマネギにお醤油をかけて、一緒に食べました。シンプルですが、ナスはこの食べ方が一番好きです!残ったタマネギ醤油は、ご飯にかけて食べるとまたたまらなくおいしいです!
夏の幸せを感じます。

a0131618_1294273.jpg

開春竜馬 「生もと」(きもと)原酒
日本酒度:+8 酸度:2.0 酵母:無添加

(お燗)キリっとした酸と、お米の優しい旨味があります。とてもホッとするお酒です。
 伝統的な生もと(きもと)造りで、しかも酵母無添加です。生もと造りでも、今は純粋培養された「協会酵母」を使う蔵が多いですが、ここは昔のように自然界から降りてくる酵母菌を待つので、同じ清酒酵母でもいろんなのが混ざっているはずです。なので、「改良」された酵母たちのお酒のように派手な香りはありませんが、穏やかでホッとする香りがあります。
素朴ですが、日本の「醗酵」を感じる味わいのあるお酒です。幸せになります。
今日もごちそうさまでした!
 



 
[PR]
by kanzenhakkou | 2009-07-17 12:49 |

這うキュウリは大きい?

a0131618_10501833.jpg


小さいキュウリがたくさん出来ていました。かわいいですね。

a0131618_10502931.jpg


 その中、一つだけ支柱に絡まないで、地面を這ってるキュウリだけがこんなに大きくなっていました。何故でしょうか?這ってる方が成長が早いのでしょうか?

 無農薬でリンゴを作っている木村秋則さんも、トマトを横植えにして支柱を立てない方が、病気に強くなると言っていました。雨の多い時期に、支柱のトマトの多くが黒く腐る炭素病にかかっているなか、この転がっているトマトには病気がなかったそうです。地面に接した茎からはたくさんの根っこが出てきて、元気によく育つそうです。茎が最高で10mも伸びるそうです。
最近はこの方法は流行ってきていて、トマトを横植えする人が増えて来ているようです。おもしろいですね!今度やってみよう。

a0131618_11121053.jpg


畑から見える山(太刀岡山)です。仙人がいそうですね。

a0131618_11132098.jpg


山の畑のナスも遅ればせながら、実が付いてきました。

a0131618_11133214.jpg


親戚のお家のおデブな猫です。後ろ姿はまるで、つややかななすび。
こう見えてとても機敏です!すごく人なつっこくて、横を通るだけでお腹を出します。とても笑える猫ちゃんです。
[PR]
by kanzenhakkou | 2009-07-15 11:28 |

畑のジャガイモ

a0131618_21101853.jpg


 遅く植えたジャガイモですが、試しに掘ってみたら立派に成っていました!まだ全部掘りきれていないのですが、掘った分を持って帰ってきました。


a0131618_21132596.jpg


 ジャガイモの酒粕挟み焼き。オーブントースタ−で焼いてみました。
 前に知り合いがやっていたのを真似してみました。酒粕はチーズ代わりで、とろとろに溶けています。すごくコクがあるのに、後口がさっぱりしています!酒粕の旨味はすごいです。酒粕は、酵母菌の塊のようなものでタンパク質が16%(牛肉とあまり変らない)が豊富です。アミノ酸、ビタミンも多い素晴らしい食材です!江戸時代にも酒粕はよく料理に使われていたそうで、大切な滋養食品でした。

 酒粕は、「生もとのどぶ」の酒粕でもうすでにゆるい状態でした。よく売られている板状の酒粕などは、少し豆乳などを混ぜてやわらかくしてもいいかもしれません。酒粕は、常温で熟成させると、旨味も増してとてもやわらかくなります。
酒粕に塩を混ぜただけです。後はオリーブオイルを敷いて、また塩をかけて焼きました。
写真はまた、大分食べてしまってからの物です。待てない自分!

前の日はクリームチーズとお醤油で食べました。これも単純ですが、たまらなくおいしい!当分ジャガイモには困らないかな?

a0131618_21133693.jpg


畑で採れたナスの味噌炒めです。おひたしと熟成たくあん。
〆は納豆とご飯でした。
今日もごちそうさまでした!
[PR]
by kanzenhakkou | 2009-07-14 21:59 |

豆たち

a0131618_100404.jpg


枝豆のサヤがもうできていました。
「秘伝」という東北の品種で、味のしっかりした大粒の枝豆だそうです。楽しみです!
酒蔵「寺田本家」の杜氏さんのおすすめでもありました。固定種や在来種しか置いていない「野口種苗」という種屋さんで買いました。

a0131618_100553.jpg


白いきれいな花が咲いていると思ったら、あっと言う間にインゲンができ始めていました。蜂がよく、自分より小さな花にしがみついています。
[PR]
by kanzenhakkou | 2009-07-10 10:39 |

自家製の醗酵肥料

a0131618_15104990.jpg


 山梨の畑で、人参の芽が出ていました。人参の種は発芽率が悪いので、ちゃんと出揃っていて嬉しいです!
細かい草が周りにたくさん生えていて、うっかりすると人参ごと抜いてしまうので、慎重に草取りします。

a0131618_15152993.jpg


 ちょっと早いですが、大根の種も播いてみました。山の方は気温も少し低めなので、試してみました。今日は生憎の雨で、温度は20℃でした。涼しい!(先週は28℃くらいあったのに)
大根の芽も立派に育ってきています。

a0131618_151618100.jpg


 夏野菜には、自家製の「米ぬかの発酵肥料」をまいてきました。
これは米ぬかに、種菌としてヌカ漬けのつけ床を少し混ぜて、醗酵させたものです。ヌカ床には乳酸菌や酵母菌がたくさんいます!こういった、米ぬかを醗酵させて作った肥料を「ボカシ」ともいいます。農家さんによって、使う種菌は人それぞれで、買って来る種菌を使う人もいれば、雑木林に落ちているハンペン状の種菌や、その他の醗酵食品を使う人もいます。
  もう一つ、納豆、ドブロク、ヌカ床を混ぜて醗酵させたボカシも作ったことがあります。これもちゃんと醗酵しました。すごい組み合わせですが、納豆には納豆菌、ドブロクには酵母菌、ヌカ床には乳酸菌等の有用な菌がたくさんいます。土にも、いろいろな微生物がいて、悪い菌が増えれば作物の病気を起こしたりして、醗酵食品にも使われるような有用な微生物が増えれば、健康に育つといいます。


a0131618_0235915.jpg


 前に、私の大好きな「現代農業」という雑誌で、納豆、ヨーグルト、イースト(酵母)を黒砂糖と混ぜて醗酵させた液体を、薄めて土や葉っぱにかけている農家さんが取り上げられていました。これを読んで、自分は変なことをやっているんじゃないんだあ、と安心したことがあります。これも、イス取りゲームのように、これらの醗酵菌が植物の表面などを占領することによって、あとから来る病原菌が定着できないようにしてしまうそうです。他にもこれらの菌が作った有用な物質が作物を強くするみたいです。(現代農業2008年8月で取り上げられていました)
 雑誌の「現代農業」は他にも、農家さんのやっているおもしろい食品加工や、発酵特集など、いろいろな記事があって、とても勉強になります。表紙は一見、堅苦しく見せますが、とても楽しい雑誌なので、是非読んでみて下さい!

 
-----------------------------------------------------------------

米ぬかの発酵肥料の作り方はすごく簡単です。
普通は、外に材料を盛り上げて、ビニールやムシロをかけて醗酵させるのですが、私は家でダンボールで作ってみました:


1.ダンボールの下にすのこ等を置いて、中に新聞紙を敷く。
2.種菌になるものを(ヌカ床、納豆など)をボウルの水に溶く。
3.米ぬか(他には油かすやモミガラを混ぜることもあります)をゴミ袋などに入れて、種菌を混ぜた水を少しづつかけて、手でよく混ぜます。水加減は、握ると固まり、指でつつくとぱらっと崩れるくらい。これをダンボールに入れます。
4.上にまた新聞紙などを何重か重ね、軽くフタをする。何日かすると、発酵熱がでてきて熱くなります。50℃くらいになったら手でかき混ぜて切り返しをします。冬場は、ダンボールの中を混ぜると、すごい湯気が立ち上ってびっくりしたことがあります。切り返しを何度か繰り返して、熱くならなくなり、表面に白いカビのようなものが生えるようになったら完成です。

------------------------------------------------------------------

 夏で大体2週間、冬で3週間〜1ヵ月くらいで出来上がります。材料にもよりますが、酸味のあるパンのような匂いになりました(サワーブレッド?)。糖蜜などを加えるとさらによく醗酵して、甘酸っぱい香りになります。
 ダンボールの下は、ちゃんと敷物をしないと床が発酵熱で変色することがあるので気を付けてください。私はそれで、親に大変怒られたことがあります。出来上がった醗酵肥料は、元肥や、追肥の時にひとつかみ株間にまきます。

醗酵食品だけではなく、醗酵肥料作りもすごく楽しいので、興味のある方は是非やってみてください!
[PR]
by kanzenhakkou | 2009-07-07 17:49 |

モロヘイヤ

a0131618_22571268.jpg


畑で採れたナス。
あまりにきれいで、まな板の上に置いたものの、ちゅうちょしてなかなか切れませんでした。
心を決めてやっと切ったナスは、夏野菜の煮物にして頂きました。タマネギ、ズッキーニ、ピーマン、ドライトマトを一緒に煮ました。


a0131618_22582894.jpg


 畑で採れたモロヘイヤです!友達に激しく勧められて植えてみました。小さい頃大好きで、夏休みに長野に住んでいる叔母の家に行くと、いつもモロヘイヤのおひたしを作ってくれていました。

a0131618_22592772.jpg


 おひたし。お醤油と鰹節をかけて食べました。(写真は、結構食べてしまってから撮ったので、少なく見えますが・・・)
おいしい!!ぬるっとした食感がたまりません!昔からぬるぬるしたものが大好きでした。
畑でその日に採れたものは格別です!
ごちそうさまでした。
[PR]
by kanzenhakkou | 2009-07-03 23:09 |

「キュウリの花が咲いとるね〜・・・」

a0131618_22234745.jpg


畑の横にある古民家です。
家の目の前に畑があるなんていいなあ〜。憧れます!
私も囲炉裏のある古民家に住むのが夢です。

最近、作業をしていると、この辺りに住んでいるおばあちゃん二人が、よくおしゃべりをしに来てくれます。頬被りと割烹着を着た素敵なおばあちゃんたちです。
「モロコシ、ちゃんと大きくなってるじゃん!」
「キュウリの花が咲いとるねえ〜・・・」と嬉しそうに、作物のお話しをしてくれます。

a0131618_22242339.jpg


キュウリの花です。遅く植えたので、まだ小さいですがきれいな花が咲いています。
ツルも立派に絡みついています。うっかり触れると、強く指に絡みついたりします。ツルの絡む力はすごいなあ、といつも思います。

隣の古民家に住んでいる人もとても優しい方で、「ここのお水、好きに使って良いよ!湧き水だから」と庭の蛇口に案内してくださいました。お水が使えるなんて、こんなにありがたいことはありません!本当に皆さんの優しさに感激です。ありがとうございます。

a0131618_23101789.jpg


畑の横にある松の木です。木陰で休憩したり、雨宿りができます。
とても気持ちのいい休憩場です!
[PR]
by kanzenhakkou | 2009-07-01 23:06 |

山梨で畑

a0131618_2135253.jpg


山梨にいる親戚の家の近くで、小さな畑を借りました。
標高が高くて空気がさらっとしていて、とても作業をしていて気持ちがいいです。すぐ向かい側に、山が見えます。

a0131618_21394655.jpg


右から、ナス、トウモロコシ、大根、トマトです。なかなか来られないので、いずれも少しづつしか植えていませんが、元気に育っています!

a0131618_2141171.jpg


キュウリの列です。苗が少ししかなかったので、一列に植えて、支柱のトンネルも小さくしています。今回は、少し広げて枝豆(大豆)も播いてみました!
みんな元気に育って下さい!
[PR]
by kanzenhakkou | 2009-06-30 21:57 |

夏の畑

a0131618_11214231.jpg


小さな畑を借りていてます。ジャガイモの花がきれいに咲いています。

a0131618_11242577.jpg


苗から育てたミニトマトです。少しづつ赤みがついてきました。
近くにバジルも植えて、とてもいい香りがします。

a0131618_11254329.jpg


今年の初ナス!
みんな草ぼうぼうの中、よく育ってくれていると思います。
(ありがとうございます)
収穫が楽しみです!
[PR]
by kanzenhakkou | 2009-06-26 11:45 |