ブログトップ

毎日、完全醗酵(して生きたい日記)

kanzenhakk.exblog.jp

カテゴリ:畑( 19 )

四井さんの畑で小麦の刈り取り

a0131618_1152989.jpg

 6月30日。四井さんの畑で小麦の刈り取りをしました!(^^) 
(一枚目の畑は手刈り、二枚目は機械で)
 
 写真は、先日、四井さんがボロ屋さんで見つけて修理された「バインダー」。

a0131618_124141.jpg

 バインダーは、麦(や稲などの穀物)を刈り取って、ヒモで束ねてくれます!束ねられた麦は、右横から落とされていきます。 

a0131618_1220620.jpg

 昨年の秋に蒔いた小麦。シカに穂を食べられながらも、立派に実りました。きれいだな〜!(^^)

a0131618_1211723.jpg

 クライマックス!(笑)この後、落ちている麦の束を拾って、軒下などに吊るして干します!
 
a0131618_1222794.jpg

 刈り取った小麦。

a0131618_122346.jpg

 子供達も一緒に拾う (^^)
 
a0131618_1223599.jpg

 軒下に干す。穀物が干されている暮らしの景色、美しいですね。
 いつか、自家用の穀物を自給できるようになりたいです!(^^)
[PR]
by kanzenhakkou | 2013-07-05 21:59 |

初めての「自然農」の田植え

a0131618_207823.jpg

 6月23日。家族で田植えをしました!(^^)

 「自然農」の田植え(不耕起)なので、土は耕さず、草を刈り倒してから、その上から稲の苗を一本植えしていきます。

a0131618_201319.jpg

 苗床から、たまに生えてくる稲の苗そっくりな雑草の見分け中(笑)

a0131618_2025382.jpg

 鍬で、苗床から苗をトレーに移動していきます。

a0131618_2052691.jpg

 トレーに移動した苗を、一本一本分けて行きます!

a0131618_2065357.jpg

 刈り倒した草の上から、ノコギリ鎌で土に穴を開けて苗を植えて行きます!(^^) (自然農の稲作は、田植え中は水を少なくして、終わったらヒタヒタくらいにまで水を入れます。)

 田んぼに生えていたのは、ほとんどが枯れゆく冬草(カラスノエンドウなど)だったので、踏むだけできれいに倒れていきました。間から生えてきている、シュッとした夏草だけ鎌で刈りました。

 その頃の暦(こよみ)は、ちょうど「乃東枯」(なつかれくさ かるる)でした。

 乃東(だいとう)または夏枯草(かこそう)の異名をもつ植物「靫草」(うつぼぐさ)が枯れる頃。

 刈る草、刈らなくても枯れゆく草、草のサイクルを観察してきた古人たちはすごいなあ〜、と改めて思いました。そして、これからいっそう緑が深まる頃に、ひっそりと枯れゆく草を観察し綴った言葉がとても好きです。
[PR]
by kanzenhakkou | 2013-06-29 21:10 |

苗床(なえどこ)と今日のご飯。

a0131618_18381333.jpg

 5月6日。大きくなってきたトマトを苗箱からポットに移植しました!(^^)
 品種は「ポンデローザ」と、父がイタリアから買ってきてくれた「Cuor di Bue」(牛の心臓という意味)。

a0131618_18371053.jpg

 5月19日。お米の苗床!大きくなってきたので、ワラを外してネットをトンネル型にしました!
 
 オケラが通った跡(土がフカフカに盛り上がっている)がたくさんあり、ところどころ種を食べられていました・・・(^^;) (写真は、オケラの通り道の穴を指でギューギュー潰した後です。笑)

a0131618_1840068.jpg

 ベタがけを外して、トンネル型に。 

a0131618_18361612.jpg

 今日のご飯。母作・コシアブラとキノコの炊き込みご飯!(^^)

a0131618_18362072.jpg

 ウドのきんぴら!絶品です!

a0131618_18362293.jpg

 のらぼう。オリーブオイルとお醤油で!

 素材は、全部 made in 北杜市です!(^^)
 ごちそうさまでした!
[PR]
by kanzenhakkou | 2013-05-19 23:49 |

近況(冬編)

a0131618_1882130.jpg

 しばらくブログを更新出来ていませんでした・・・!
遅くなってしまいましたが、明けましておめでとうございます。

 写真は、今年のおせち料理(母作)。白い器はほとんど、骨董市で買った古い洋物食器です。知らないうちに、父がちゃっかり日本酒を出していました・・・(朝から)

a0131618_18485787.jpg

 これは、年末の出来事。猿の群に畑が荒らされ、白菜は全滅。

a0131618_18485963.jpg

 大根は、折られて散乱している状態。葉っぱはちぎられて、一口食べてから捨ててあります。食べるなら、丸ごとちゃんと食べて欲しい・・・(涙)

 畑を借りている長坂で、猿の襲撃があったのは初めてです。数日前に、近くの畑で目撃されたばかりでした。同じ北杜市で、隣町の白州は猿の被害で有名なので、今まで来ていなかったことが不思議でした。猿は、電柵(一般的な)も効かないので、鳥獣害の中でも最も手強いと言われています・・・ 一時的な滞在だと良いなあ・・・(^^;)


襲撃前の写真を少し(笑)↓
a0131618_18593250.jpg

 春菊。今年は一杯食べました。

a0131618_1858970.jpg

 珍しく畑にやって来た父が撮ってくれた写真(笑)

a0131618_18584058.jpg

 大根の収穫。ズボッ!
 
a0131618_1848571.jpg

 年末は、白州の農家・井上さんのお家でお餅搗き!井上さんのご長男。臼20個分のお餅を手際良く搗き上げてしまいました!

a0131618_18464926.jpg

 素敵なカマドでもち米が蒸されています。

a0131618_1846167.jpg

 井上さんと奥様。素敵な笑顔のご夫婦です!

a0131618_1846634.jpg

 この日は、お正月用ののし餅をお土産に頂き、その場では、刻み山葵とお醤油、辛み大根、自家製きな粉、あんこ、などなどを搗きたてのお餅に絡めて頂きました。たまらない美味しさでした…

 ご家族総出の温かいおもてなしに感動した一年の締めくくりでした。どうも、ありがとうございました。
[PR]
by kanzenhakkou | 2013-01-27 00:32 |

イノシシと、畑の色々

a0131618_184049.jpg

 少し前の話になりますが、長坂で貸して頂けることになった畑にイノシシ(シカ?)の足跡が残されていました。元々、こちらの地主さんに「この辺りはよくイノシシが出る」と聞いていました。(先日、畑の近くでシカ3頭にも遭遇。)

a0131618_18637.jpg

 隣の土地には背の高い草がボーボー。林の中を覗いて見ると、なんとそこにイノシシの獣道がありました!ギリギリまで隠れる場所があって良いみたいです。

 土地の四隅に「人間のおしっこ」の結界を張ったり、美容院でもらってきた人間の髪の毛(自分の)を撒いてみたのですが、数日するとやはり、また足跡が残されていました。(量も足りなかったのかな?(^^;)) 幸い、作物がまだ小さかったので、何も食べられていませんでした。
 
a0131618_1862656.jpg

 やむなく、電柵を設置することに。専用のプラスチックの棒が素敵じゃなかったので、竹の棒に電柵の碍子を取り付けました。

a0131618_1862871.jpg

 9月5日。西さんにお手伝いして頂き、電柵を設置しました。
 
a0131618_1863099.jpg

 電柵を設置してからは、今のところイノシシは現れていません。
電柵以外に、何か良い方法はないのかなあ。。。と考える日々です。

a0131618_189758.jpg

 9月29日。四井さんのパーマカルチャー講座の方たちと一緒に蕎麦の収穫をしました!(^^)

a0131618_1892114.jpg

 昔の足踏み脱穀機。今日は、人生初めて挑戦しましたが、最初はリズムをつかむのがなかなか難しかったです。でもハマります。(^^)

a0131618_1892585.jpg

 リズムを保ちながらペダルを踏む。あっという間に実が落とされていきます!

a0131618_23111046.jpg

 手動の機械技術のピーク。如何に効率良く作業出来るか、考え抜かれた仕組み。素晴らしいですね!

a0131618_18355269.jpg

 ニンニクを植え付ける場所に施肥。
 
a0131618_18354531.jpg

 ニンニクの植え付け。

a0131618_18354839.jpg

 草マルチ。枯れ草を敷いて、土の乾燥を防ぎ、地温を保つと同時に、草の成長を阻む。

a0131618_016467.jpg

 草マルチとコマツナ。

a0131618_18264824.jpg

 9月中旬。小麦の脱穀。実と殻を風の力で分ける道具、「唐箕」。

a0131618_18265127.jpg

 穀物を入れながら、横にあるハンドルを回すと、すごい勢いで殻などが飛ばされていきます!飛ばされていく先には堆肥小屋が。こうやって、再び畑に還っていくのですね。

a0131618_2311522.jpg

 この唐箕も、四井さんが古道具屋さんで見つけた昭和27年頃のもの。

a0131618_18372389.jpg

 夕方、柿の木がある畑からの眺め (隣の田んぼ)。美しいなあ。(^^)

a0131618_0155177.jpg

 10月1日。大根が首を出していました!

a0131618_0154711.jpg

 着生した白菜。

a0131618_015333.jpg

 今日の収穫!小カブとコマツナ。今年初の秋冬野菜の収穫 (^^)イノシシに食べられることなく、無事に収穫出来て感謝です。
[PR]
by kanzenhakkou | 2012-10-02 01:44 |

(iPhone連写で失礼します。なかなか畑にカメラを持って行けず。汗)

a0131618_23553736.jpg

 8月末。長坂で、貸して頂ける畑が見つかりました!(^^)

a0131618_2356332.jpg

 上から見るとこんな感じ。上の段が、四井ファミリーの畑。下の段が、ハタグチ畑(笑)
もう一つ上の段に、共同で麦を蒔くことになりました。

a0131618_074435.jpg

 8月26日。秋冬野菜の種を蒔きました。初日は、ダイコン、カブ、コマツナ。

a0131618_23565394.jpg

 数日後、ダイコンの芽が出てきました!

a0131618_0422749.jpg

 ダイコンの芽。ハートの形。

a0131618_23565689.jpg

 小カブの芽。

a0131618_23571829.jpg

 9月3日。四井さんに、苗箱の作り方を教えて頂きました!

a0131618_2357238.jpg

 オビノコと電気カンナ。

a0131618_23572933.jpg

 製材。

a0131618_23573926.jpg

 クギとトンカチでトンテンカン。苗箱完成!

a0131618_23575824.jpg

 苗箱に、白菜の種を蒔きました!

a0131618_091074.jpg

 数日後。白菜の芽が出てきました!
でも、ここは冷涼地。蒔く時期がちょっとギリギリです(汗)どこまで育つかな〜。


a0131618_01227.jpg

 7月末に蒔いた蕎麦。花がきれい!(^^)
 
a0131618_012995.jpg

 7月に蒔いた大豆。

a0131618_025545.jpg

 9月15日。遅ればせながら春菊の芽。

a0131618_03933.jpg

 コウシン大根(芯が赤い大根)も大きくなってきました!
 
a0131618_01329.jpg

 畑で遊ぶキミト君と、弟のソラ君。

a0131618_013428.jpg

 ソラ君。土まみれ(笑)
二人とも、いつも畑や砂利の上を裸足で走り回っています。素晴らしい育ち方ですね。将来が楽しみです!(^^)

(続く)
[PR]
by kanzenhakkou | 2012-09-17 00:57 |

「のらくら農場」と「本の町」

a0131618_16393945.jpg

 週末は、ガイアの代表の清水さんに、長野県にある「のらくら農場」の収穫祭と、歴史ある高遠町で行われた日本初のブックツーリズム「高遠ブックフェスティバル」に連れて行って頂きました。

 写真は、高遠町の素敵な古本カフェ「本の家」に向かう清水さん。その日はガイアの「みみをすます書店」も、食と身体がテーマの古本を出展しました。朝早くに車で出発して、のらくら農場に向かう前に、ガイア御茶の水のスタッフ佐々木さんと大内さんと一緒に、古本を高遠町に運びました。

a0131618_16403231.jpg

 ガイアスタッフの佐々木さん。みみをすます書店は、食や農業などの面白い本がたくさんあって、大賑わいでした。読んでみたい本が山のようにあります。古本はいろいろな発見があって楽しいですね!
 その日は、全国からも古本屋さんが集まり、町中のいろいろなお店でも本を売っていました。2日間に渡って、日本中から人が集まり、町全体が本当にイキイキしていました。また来年も是非やって欲しいです。

a0131618_16411121.jpg

 佐々木さんと大内さんとは一旦高遠町で分かれて、お昼にお蕎麦を食べてから、清水さんとのらくら農場に向けて出発しました。途中で、麦草ヒュッテのきれいな風景を見ながら休憩をしました。

a0131618_16415232.jpg

 無事、佐久町にある「のらくら農場」に到着。夕方に楽しい収穫祭があって、食べることと飲むことに一生懸命で、写真が全くありません!
これは、次の朝の収穫のお手伝いをさせて頂いた時の写真です。萩原さん。笑顔で収穫物を運んでいます。
a0131618_1642543.jpg

畑の写真
a0131618_1643264.jpg

萩原さんはもともと会社に勤めていましたが、脱サラをしてご夫婦で有機農業を始めました。野菜をこよなく愛していて、日々新しい工夫をしながら美味しく立派な野菜を育てています。
a0131618_164493.jpg

のらくら農場の加工品、「おてがるゴボウ」(干しゴボウ)にもなるゴボウの畑。
a0131618_16442168.jpg

花豆。きれいな花がたくさん咲いています!

a0131618_1646128.jpg

 のらくら農場の無農薬、無化学肥料の小麦で作っているおうどん「くろうどん」のパッケージをデザインした長野市に住んでいる西沢淳さん。普段は広告のお仕事をなさっているそうです。とても温かい素敵な方です。食の話から音楽の話題まで、面白いお話をたくさん聞かせて頂きました。バンドのレッドホットチリペッパーズに憧れて、身体を鍛えたそうです。そういえば似ています!

a0131618_16491985.jpg

萩原さんの一番下の娘さん。かわいいです!(ごめんなさい!お名前を聞いていませんでした。)

a0131618_16493059.jpg

 午後は、お家で萩原さんのご長男のカケル君とチェスの試合をしました。カケル君は将棋も得意だそうです。戦略ゲームはめっぽう苦手な私ですが、受けて立ちました(笑)。
 
a0131618_16493925.jpg

 真剣勝負です。最初から追い込まれ放しです!左は、兄を見守る次男のメグム君。
最後はお互いにコマが減り、全く勝負が決まらないところに、一番下の娘さんがチェスボードに突撃をして勝ち負けなく終わりました(ホッ。)笑。
 カケル君は、とても敏感な嗅覚と味覚の持ち主で、ご両親もいつも驚かされているそうです。萩原さんはお野菜の味もカケル君に相談することがあるそうです。すごい!
みんな、とてもまっすぐな可愛い子供達です。将来が楽しみです!

a0131618_16494980.jpg

 萩原さん、奥様のさちよさん、清水さんと、井上さんご夫婦。温かい素敵なご家族です。
本当にお世話になりました!!
清水さん、幸せな旅に連れて行って頂いてありがとうございました!一生心に残る思い出になりました。
[PR]
by kanzenhakkou | 2009-08-31 21:14 |

野菜ご飯

a0131618_17114593.jpg

畑に成っているオクラです。種がなかなか発芽しなくて、遅ればせながらようやく実が成るようになりました!

a0131618_101262.jpg

お昼は、朝採って来たミニトマトでパスタを作って食べました!

a0131618_1713721.jpg

畑のナスは、油でにんにくと焼いてから、お酒を少し入れて蒸して、最後にお醤油とバルサミコ酢で味付けしました。とてもおいしかったです!!ハマってしまいました。お醤油とバルサミコ酢の相性はぴったりですね。これも、前に山本洋子さんのブログで見たものを真似してみました。(マネばかりですみません)レシピではなかったので、少し作り方が違うかもしれませんが。

a0131618_1835899.jpg

夜ご飯は、ゴボウのから揚げを作ってみました!お酒にぴったりです。にんにく醤油に漬けて、片栗粉をまぶして揚げてみました。
a0131618_17522694.jpg

八丈オクラです。茹でてお醤油と梅酢で食べました。後は、お味噌汁とおひたし。野菜ご飯で、美味しくお酒も頂きました!お酒は 太田酒造の「辨天娘」(べんてんむすめ)純米青ラベルです。お燗がとてもおいしいです。
今日もごちそうさまでした!
[PR]
by kanzenhakkou | 2009-08-15 17:42 |

野菜と友達の家

a0131618_23394739.jpg

 夏休みに入って、手塩にかけて育てた野菜を同級生の友達の家に持って行きました!ナス、ミニトマト、ジャガイモ、モロヘイヤ、ネギ、バジル、大葉。

a0131618_23411076.jpg

 すると彼は、ゲットしたばかりのパスタマシーンをテーブルの中央に据えて待ち構えていました(腕が鳴っているようです)。その友達は和食もイタリアンも上手で、手際良くなんでも作ってくれます。今日は、そのパスタマシーンで初生パスタに挑戦しました。朝採りのバジルで作ったペーストで、ジェノベーゼです!

a0131618_23413496.jpg

三人で、ああでもない、こうでもないと言いながら、奮闘中。これはシェフのハセガワ君の手です。

a0131618_2342516.jpg

 何やらすごいことをやっています。(学生フランベ)(リキュールのアルコールを飛ばしています)ササッとデザートまで作ってくれました!料理は、モロヘイヤの冷製スープ、アンチョビポテト、ジェノベーゼの手打ちパスタ、トマトソースのカジキソテーなどなど。
そして肝心の料理の写真は・・・

 お腹の空いている学生達に撮影の余裕はありませんでした(早い者勝ち?)。結局、料理の写真を撮る前に、お皿の上は空でした。ああ〜・・・ごめんなさい。

a0131618_23422265.jpg

 そして、とっくりのない友達の家では、細長いコップを鍋のお湯に浸けてお燗をしました。
この侘び寂びな(ただ侘しい?)お燗酒もとても幸せでした。
採って来た野菜を、友達に料理してもらうなんて、こんな幸せなことはありません。
ハセガワ君、ごちそうさまでした!
[PR]
by kanzenhakkou | 2009-08-04 00:37 |

具だくさん味噌汁

a0131618_22584365.jpg

 今日は、鰹節も煮干しも使わないでお味噌汁を作ってみようと思いました。ダシは、昆布と、細切りの干し椎茸です。具だくさん味噌汁にしたかったので、家にあるものをいろいろ入れましたータマネギ、ジャガイモ、モロヘイヤ(いつもおひたしだったので)です。
 予想以上においしくできました!昆布と干し椎茸の深い旨味がとても良く出ていました。後、タマネギの甘みもすごく効いたようです。優しい味わいなのに、いつもと同じくらい満足感のあるお味噌汁になりました!
 お味噌は、1年半前に友達と仕込んだ手前味噌。初めてにしてはおいしく出来ていました。「麹歩合10割」→(麹の分量が大豆の量と同じという意味)。普通によく売られているお味噌よりも麹の量が多いので、優しい甘みがあります。甘みが出る具(タマネギや切り干し大根など)を入れるときは、仙台味噌など辛口のお味噌と混ぜたりしています。

a0131618_22585471.jpg

 今日、使ったスライスの干し椎茸です。普通のまるごとの干し椎茸でもいいのですが、これは水戻りも早くて(一時間くらい)、味も出やすい気がします。とても便利です!
旨味が凝縮された乾物は偉大ですね!
今日もごちそうさまでした。
[PR]
by kanzenhakkou | 2009-07-26 23:50 |