ブログトップ

毎日、完全醗酵(して生きたい日記)

kanzenhakk.exblog.jp

麹蓋(こうじぶた)をもらう

a0131618_1265793.jpg

 この間は、古くなった麹蓋(麹を作るための道具)を分けて頂けるということで、神奈川県の相模原市で「相模灘」を造っている久保田酒造におじゃましてきました。「相模灘」はアキラさんとトオルさんのお若い兄弟杜氏の手によって作られています。蔵は創業160年です。

a0131618_1275058.jpg

 橋本駅からバスで30分程の場所にありますが、森と山に囲まれたとても自然豊かな場所です。都会の近くにこんな素敵なところがあったんだあ、とびっくりしてしまいます。さらに驚くのはワサビも自生しているそうです。水が本当にきれいなんですね!

a0131618_1295942.jpg

 蔵の前を流れる川。

a0131618_12104822.jpg

 バス停から少し歩くと、古い立派な蔵が見えてきます。八墓村の撮影現場にも使われたそうです。

a0131618_12105735.jpg

 入ったばかりのところには「販売処」があります。
 
a0131618_12112242.jpg

 中もとても素敵です。こんな家に住んでみたい!(でも寒そう・・・)。奥には素敵な囲炉裏もあります。昔はみんなでその囲炉裏を囲んで寝ていたそうです。

a0131618_12114781.jpg

  売店の入り口には釜戸まであります。
a0131618_12115813.jpg

 素敵な火鉢まで。

a0131618_12122465.jpg

 酒粕もあります。

a0131618_12124586.jpg

 これは蔵の洗い場。タンクに張った熱湯で、使った道具や布を洗っています。
 
a0131618_12141774.jpg

 これは、この蔵で考案された手動の水切り機。蒸す前に、水に漬けていたお米を、天井からぶる下がっているカゴに入れて、グルグル回して遠心力で水を切ります。すごい発明です!

a0131618_12142511.jpg

 洗い終わった布を干している様子。

a0131618_12151270.jpg

 お酒の成分を分析するための道具。利き猪口も。
 
a0131618_12164250.jpg

 そして、使わなくなった「麹蓋」(こうじぶた)を探しに、二階にある古い倉庫に連れて行って頂きました。細い階段を上って。

a0131618_1217211.jpg

 古い道具がゴロゴロ転がっています!楽しい。おもわず「真っ黒くろすけ、出ておいで〜!」と叫びたくなってしまいました。「探検してていいよ。下の部屋で分析やってるから!」と言われて、お言葉に甘えてしばらく探索していました。

a0131618_1216531.jpg

 上から覗くとこんな感じ。

a0131618_12191793.jpg

 そして、山積みになっていた古い麹蓋から、6枚分けて頂きました。これに1.5キロづつ麹米が盛られます。いざこうやって持ち帰ると、結構大きいです。ゴミ袋とヒモを頂いて、2つに分けて持って帰りました。

a0131618_12184368.jpg

 帰る途中に見た倉庫で置いてあった古い道具(脱穀機?)。素敵ですね。

a0131618_1219415.jpg

 帰りのバス停。最寄りのバス停は、橋本駅から出発する「三ヶ木」行きの「無料庵」です。

a0131618_3431445.jpg

 「相模灘」の特別純米。お米の旨味がありながら、キリっとした酸がある、食中酒にぴったりのお酒です。

a0131618_1220240.jpg

 久保田酒造は、蔵でできた酒粕を蒸留して「喜楽」という『粕取り焼酎』も作っています。とても香ばしく、味わい深い焼酎です。粕取り焼酎は、日本で昔から親しまれてきた蒸留酒です。昔は、お米からお酒ができて、それを搾った酒粕から焼酎ができて、そのまた蒸留カスは米ぬかと混ぜて肥料として田んぼに返されたそうです。何も無駄にならない、完全な循環型資源ですね。

a0131618_4354044.jpg

 家に帰って、早速頂いた麹蓋を使って、ホームメイド米麹を作ってみました。杜氏さんにはちょっと見せられない麹(だから小さい写真にしています。笑)。電気マット、ダンボール、コタツカバーを駆使した、ミニ麹室で作りました。
アキラさん、素敵なプレゼントをありがとうございました!
[PR]
by kanzenhakkou | 2009-12-27 04:36 | 純米酒 | Comments(6)
Commented by kainotakumi at 2009-12-29 19:10
素晴らしいものをいただきましたね!もし麹蓋が壊れてしまったらいつでも連絡ください。ずっと使い続けられて角がとれた道具っていいですね。
大切にいつまでも使い続けてください。お手伝いします。
Commented by kanzenhakkou at 2009-12-30 16:19
kainotakumiさん
ありがとうございます!そう言って頂けるととても心強いです。壊れてしまった時は是非よろしくお願い致します。もう既にぐらついているものもあるのですが(笑)。自分でどう固定したらいいのかわからず、悩んでいるところでした(当たり前か)。
普通は酒蔵などにしかない道具なので、家に麹蓋があるのは感動です!大切に使い続けたいと思います。
それでは、良いお年をお迎えください!
Commented by benny at 2010-02-12 11:18 x
はじめまして。
ちょうど1年前に麹の作り方を学び、自宅でも実践しています♪
相模原にこの様な造り酒屋があるとは知りませんでした。ステキな佇まいですね。私もその倉庫には、とてもとても興味があります(笑)
麹蓋も実際に使われていた道具だけに、使い込まれた感がたまらないですね☆
Commented by kanzenhakkou at 2010-02-12 22:59
bennyさん
嬉しいコメントをありがとうございます。
僕も初めて伺った時は、橋本の近くにこんなに自然豊かで素敵な酒蔵があるなんてびっくりました。あそこの倉庫は、子供の時に行っていたら間違いなく秘密基地にして出て来ないです。古い面白い道具もいっぱい転がっていました。
bennyさんのブログも拝見しました。素敵な暮らしですね!畑はお家の近くなのですか?麹室も、椅子をひっくり返して作る発想がありませんでした(とても勉強になりました!)。保湿性のないダンボールを麹室に使ったので、上からいろいろな物をかけたりして大変でした。今度真似してみようと思います。
Commented by benny at 2010-02-16 22:26 x
簡易麹室、ご参考になれば嬉しいです♪自宅でやるには、結構悩める装置ですよね・・・。
畑は、自宅から歩いて10分ほどのところです。近いので、とても助かっています。
Commented by kanzenhakkou at 2010-02-21 01:31
bennyさん
麹室を家で作るのは大変ですよねえ・・・温度を一定に保つのも必死でした!(笑)また何かいい方法などあったら是非教えてください。
畑が家から10分なんて、ものすごく憧れてしまう環境です。うらやまし〜!
<< 海からの贈り物 はるこま屋さんの「糀味噌」 >>