ブログトップ

毎日、完全醗酵(して生きたい日記)

kanzenhakk.exblog.jp

平佐焼の「カラカラ」

a0131618_1931864.jpg

平佐焼の「カラカラ」(江戸後期)

「平佐(ひらさ)焼」は薩摩焼の磁器窯。18世紀末に有田の陶工を招いて開窯したことにはじまります。染付や青磁の他、質の高い白磁が焼かれていました。「カラカラ」は沖縄で創作されて、九州に伝えられた徳利の一種。
[PR]
by kanzenhakkou | 2015-01-02 19:32 | 古いもの | Comments(0)
<< 陶器の鳥 響銅の器 >>