ブログトップ

毎日、完全醗酵(して生きたい日記)

kanzenhakk.exblog.jp

秋のお楽しみ

a0131618_16231219.jpg

 昨日は、家族で初田んぼの稲刈りをしました!(^^) 一ヶ月間ヨーロッパに行っていて、ところどころ草に埋もれているところもありましたが、なんとか台風にも負けずに実ってくれました!

a0131618_16311637.jpg

 竹を地面に打ち込んで、稲をかけて干す「ウシ」を作る。

a0131618_16281951.jpg

 ノコギリ鎌で刈っていきます。
 
a0131618_1628480.jpg

 母。稲刈り経験はまだ2回ですが、稲の束をワラで縛るのが早い!(笑)

a0131618_1637564.jpg

 縛った稲の束を「ウシ」に架けていきます。

a0131618_16282716.jpg

 ひたすら刈って縛る。

a0131618_16282969.jpg

 稲と雑草を選別する母(笑)

a0131618_16313395.jpg

 稲刈り中、「稲麹」(いなこうじ)を発見!昨日、大雨が降ったからかな〜。

 現代では、麹を作る時には種麹屋から「種麹」(麹菌の胞子)を買いますが、古い文献では、この田んぼに現れる「稲麹」を使って種麹を作っていたと書かれています。
 これを数日間、木灰に埋めておくと、灰のアルカリで他の菌が淘汰されて麹菌だけを純粋培養できます!それをご飯で培養すると「種麹」として使えるようになります!(^^) 学生の時に本で読んで、一度試したことがあります(笑)

a0131618_16293163.jpg

 稲にかわいいカエルさんが丸くなってくっついていました(笑)

a0131618_162836100.jpg

 夕方、古物市場のベテランに古い足踏み脱穀機を譲って頂きました!ちょうど稲を収穫したばかりの素晴らしいタイミング!(^^) やや小型の唐箕(とうみ:風の力で穀物の実と殻を分ける道具)も譲って頂いたのですが、すぐにサンバーに乗せてしまい、写真を取りそびれてしまいました… (写真は次回。笑)

a0131618_16293067.jpg

 「チヨダ式 新國光号」。足踏み脱穀機は、明治末期に発明され、石油発動機が普及し始めた昭和25年頃まで使われていたそうです。

a0131618_1640175.jpg

 今日の朝食。秋の果物尽くし!(^^) (柿と梨)柿は、野生的な小さい柿(笑) ご近所のパン屋さん「山角」の香ばしい「黒丸」と醗酵バターで!ごちそうさまでした!
[PR]
by kanzenhakkou | 2013-10-22 17:01 | Comments(3)
Commented at 2013-10-31 16:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 山本洋子 at 2013-10-31 17:59 x
うわ〜っ!たわわで大粒、キラキラしてますね。
カエルくんもポーズが素敵すぎます!
山角のパン、メモメモ(・ω<)
Commented by kanzenhakkou at 2013-11-04 22:52
山本洋子さん

カエルさん、おしりにお米が刺さってますね・・・(^^;)
丸くなってくっついている姿に胸キュンでした・・・!(笑) 
山角さん、次回はパンが残っている時に・・・!

<< 足踏み脱穀機の手入れ ヴェニス散歩 >>