ブログトップ

毎日、完全醗酵(して生きたい日記)

kanzenhakk.exblog.jp

Plain Style 「澄 敬一+松澤 紀美子 展」を観に行きました!

a0131618_12313594.jpg

 Found MUJI 青山で開催されている、「Plain Style 澄 敬一+松澤 紀美子」展 を見に行きました!
 
 写真は、澄敬一さんが、パートナーであり布作家の松澤紀美子さんのために、古い生活道具のパーツ(主に木とアルミ)を使って作られた道具スタンドです。左下に見えるのは、昭和初期の鏡付き・折りたたみ式ハンガー。

a0131618_137557.jpg

 展示中は、お二人の美しいアトリエの一部が再現されています。

a0131618_12522811.jpg

 古い写真の引き伸ばし機の仕組みを応用した本立て。美しい〜!

a0131618_12313612.jpg

 古いアルミ製救急箱にピアノが内蔵されたトイピアノ。

 澄さんは、「旧い素材を洗い、汚れやワックスを落とし、素材が呼吸できるようにして、それをマテリアルと」されます。作品の横に添えられているカードに書かれている、一つ一つの作品にまつわる、思わずフフっと笑顔になってしまうストーリーも読んで頂きたいです。
 
a0131618_026892.jpg

 モーターは最新のものですが、外のパーツは、古いアルミ製鍋などの古道具、アルミ板などから澄さんが作られた扇風機。澄さんは、素材の魔術師です!

a0131618_0351622.jpg

 なかでも、とても惹かれた作品だったのですが、悲しいことに写真がブレブレになってしまったため、Yasutoshi Arataさんの撮られた写真を転用させて頂きました・・・↑

作品の解説に書かれた説明を、そのまま引用させて頂きます:

「携帯できる展示ケース」
1960年代のフランス製の画箱の装飾を落として、鉄製や皮製のパーツをアルミ製に替えてある。小さな作品を運んでそのまま展示
するケース。内部には作品の修復用道具も収納、駅などで置引きされないように盗難防止装置を組み込んである。

 実際に、澄さんがケースを持ち上げてくださると、ゼンマイ仕掛けの防犯ベルが店内中に響き渡りました・・・!(笑)

a0131618_12523411.jpg

 同じく、持ち上げると、防犯ベルが鳴り渡る、美しい展示用ガラスケース。
 
a0131618_0222497.jpg

 美しい作業台・ワゴンと、座板の下にものが収納できるスツール。蛇口をひねると、水のかわりに光線が落ちるランプも(「本を洗うランプ」)。

a0131618_0262639.jpg

 読食スタンド(読みながら食べる)。

a0131618_0594775.jpg

 一冊用の美しい本立てと、血圧計のラバーチューブ製デコイ「鴨のダニエル」。

a0131618_12575420.jpg

 昭和初期に実際に作られていた、組み立て式・携帯用ハンガーや、竹製の折りたたみ式ハンガー。
いずれも、日本独自の無駄を削ぎ落とした美しいデザイン。
 まだまだ写真を撮りきれなかった、素敵な作品がたくさんありました。

 澄さんの、ウィットとユーモア、そして何より「優しさ」がある作品が大好きです。
 今年もまた、目と心を美しいもので満たして頂きました。どうも、ありがとうざいました。

 松澤紀美子さんは、8月に奈良の「くるみの木」で展示を予定されています。
[PR]
by kanzenhakkou | 2013-06-24 13:07
<< 初めての「自然農」の田植え Found MUJI Plai... >>