ブログトップ

毎日、完全醗酵(して生きたい日記)

kanzenhakk.exblog.jp

家の花見と「社会は僕たちが作るもの」

a0131618_3401263.jpg

 家の菜の花(ハクサイ)は48センチにもなりました。今の我が家の希望です。

a0131618_2424736.jpg

  私は、日本はとても成熟した国だとずっと思っていました。ところが最近、大企業(電力会社)とマスメディアとの癒着・報道規制に驚かされる毎日で、それを疑わず信じてしまう日本人の危機感の少なさにも「危機」を感じてしまう今日この頃です。
 
 東京電力本社の前で連日のように行われるデモは海外メディアにばかり取り上げられて、国内のテレビでは一切報道されない異常さ。

 デモは民主主義の基礎。国民が動かなければ政府・社会は一生変りません。欧米ではデモは「意思表示」として当たり前の誇り貴き行為です。たくさんの人が声を一つにすれば、国をも動かす大きな力になります。中東諸国で起った「ジャスミン革命」が正にその一例です。

a0131618_3463066.jpg

 今回の原発事故ではっきりわかったことは、地震大国の日本には原発は向いていないこと。そして、今の人間には原発事故で発生する放射能汚染は制御出来ないこと。更に、原発から生まれる危険極まりない放射性廃棄物を無害化する技術も確立されていないこと。
 プルトニウムの半減期は2万4千年、その頃まだ日本はあるのだろうか? 捨てられない放射性廃棄物を2万年以上も子孫たちに押し付けるのでしょうか?汚染してしまった大気、大地、海に対して申し訳ない気持ちで一杯です。

 今、日本が進化する絶好のチャンス。3・11を心に刻んで生まれ変われる日本でありたいと願う日々です。

 現在、テレビでは語られない大事な情報や事実は、圧力に屈しないフリージャーナリストの方々がustreamなどのインターネット上のサイトで報道しています。そちらを観る方が真実に触れられますのでお勧めです。私も出来る限り自分のTwitterで情報を流しているので、興味のある方はチェックしてみてください。
 
[PR]
by kanzenhakkou | 2011-04-06 03:47
<< 「おいらが好きな海を汚すな!」 菜の花と脱原発なう >>