ブログトップ

毎日、完全醗酵(して生きたい日記)

kanzenhakk.exblog.jp

菜の花と脱原発なう

a0131618_144461.jpg

 先日、山本洋子さんが野菜と一緒に送ってくださった白菜のブーケ。あっという間に伸びるのびる。
 愛らしい菜の花を咲かせて、良い香りを漂わせています。テーブルの上が春になりました。それにしてもすごい存在感、完全なワンマンショーです。

a0131618_144755.jpg

 この前の日曜日、銀座で脱原発デモに参加してきました。20人で申請されていたデモが1200人になりました。数寄屋橋から東電本社ビル前を通り、霞ヶ関方面へのルートでした。
 海外のメディアがたくさん取材に来ていました。BBCのニュースにはすぐに取り上げられていましたが、日本のテレビには全く登場しませんでした。不思議。

 ドイツでは福島原発事故の後、反原発デモが既に何度かありました。26日にはベルリン、ハンブルグなど4都市で25万人規模のデモがありました。当事国の日本、人数少ない・・・

a0131618_144944.jpg

 16日に帰国した母も参加しました(笑)
私が母のお腹に居た頃、チェルノブイリ原発事故の影響を受け、ミラノの食材店の牛乳、生野菜は全て廃棄されたそうです。しばらくは冷凍食品の野菜を食べ続ける生活が続いたようです。ヨーロッパはチェルノブイリの汚染被害を経験しているので、原発問題にはとても敏感です。海外と日本のメディアの温度差の違いには驚かされます。

 デモの後、田中優さん(人道的な活動を幅広くされている方です)の講演会を聴きに行きました。原発以外にたくさんの自然エネルギーの研究が日本でもされていることを知り、これからの日本に希望が持てました。海上に浮かぶカーボンファイバーの風力発電。波にちゃぽちゃぽ揺られながら自動的に発電してしまう波力発電。何と太陽光発電よりパワーがあり、波がある限り発電し続けます。日本の国土は、海を入れると12倍。海を使わない手はありませんね。日本は自然エネルギーをフル活動させれば、エネルギーの輸出国にもなれるそうです。未来が楽しみです。
→田中優さんが最近大阪で行った講演
今のどんなテレビのニュースを観るよりも分かりやすく、ためになる面白いお話です。是非皆さんにも観て頂きたく、またまわりの人にも伝えて頂きたいです。

 山本洋子さんのご主人の牟礼さんが「今まで原発の電気の恩恵を受けて来たけれど、今までありがとう。日本はこれで原発を卒業します」とおっしゃっていました。本当にその通りだと思います。

 それにしても、今一番気になるのは、福島原発から半径30キロ以内に居る人たちに、政府が強制退去を指示していないことです。一刻を争うのことなのに、何を決めかねているのでしょうか。ビジネスが人命より価値があることなのだとしたらおぞましいことです。
[PR]
by kanzenhakkou | 2011-03-31 02:14 | Comments(2)
Commented at 2011-04-04 22:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kanzenhakkou at 2011-04-06 04:23
amaririsuさん
ごめんなさい!つい先程までコメントに気が付きませんでした・・・
嬉しいコメントをありがとうございます。白菜も母も喜びます(笑)
「どくだみ茶」すごいですね!僕も元々好きで、解毒作用が強いのは聞いていましたが、そのような効果があったなんて・・・
また詳しいお話を是非聞かせてください。これからはマスメディアを過信せず、情報をちゃんと見極めて、後は動物的カンで各自が行動するべきですね。
<< 家の花見と「社会は僕たちが作るもの」 境港の野菜と味噌漬け運動 >>