ブログトップ

毎日、完全醗酵(して生きたい日記)

kanzenhakk.exblog.jp

お杓文字(おしゃもじ)

a0131618_21241841.jpg

 澄敬一さんに譲って頂いたアルミのお杓文字。
 私の「裸形のデザイン」コレクション(といえる程持っていないのですが・・・笑)。
 おそらく戦前の物だそうです。戦前〜戦後は多くの物資が不足していて、いろいろな生活道具が安価なアルミで代用されていました。取っ手の丸みが、何ともたまりません。でも、「熱が伝わって熱いから、使わない方が良いよ」と言われています。(笑)

a0131618_21281063.jpg

「裸形のデザイン」ではありませんが、私の生活道具シリーズ。
白磁のおろし金。
金属ではなくて、焼物の温かみのある質感と、やわらかい色調が美しいですね。
見ていて飽きることがなく、心が豊になる道具です。
はあ〜、たまんない・・・
 
[PR]
by kanzenhakkou | 2010-11-10 23:52 | 古いもの | Comments(2)
Commented by kainotakumi at 2010-11-11 20:43
kanzenhakkou さん
アルミをみてうっとりされているkanzenhakkou さんを想像して思わず笑みがこぼれました。
僕も木ならず~っとみていられます。そんな時僕もこんな気持ちになります。
はあ〜、たまんない・・・
Commented by kanzenhakkou at 2010-11-12 23:42
kainotakumiさん
僕がテーブルの上のお杓文字をうっとり眺めている光景は、端から見たら結構怪しいかもしれません。。。(笑)
「木」の道具を幸せそうに眺めてらっしゃるkainotakumiさんのニマニマな表情も目に浮かびます。(笑)
<< 「根ノ国」 幸せなバースデーパーティー >>