ブログトップ

毎日、完全醗酵(して生きたい日記)

kanzenhakk.exblog.jp

「usé」(ユゼ)に行ってきました

a0131618_2311573.jpg

 目黒の古道具屋さん「usé」(ユゼ)に行ってきました。入り口を入ると、木の色に暖かい光が差し込みます。

a0131618_2344623.jpg

 木の棚、ガラスケースには、涼やかなアンティークのグラスや、擬卵、イギリスの軟らかい陶器のボウルなど、使える生活道具から「使えない」(ディスプレイ用)物までいろいろ。

a0131618_2322660.jpg

 白い洋食器や和食器の棚。海外の輸出用に瀬戸で作られた杯(大正時代)や欧州の貫入の入った洋食器。お店に置いてある物は、時代、云われに関係なく、店主の佐々木さんが「美しい」と思った物ばかりが並んでいます。

a0131618_2313679.jpg

 外からウィンドウを覗いた時、最初に目に飛び込んできたファンタジー溢れるスタンプたち。可愛い・・・

a0131618_2393219.jpg

 アルミの古道具(ヤカン、下敷きなど)から、陶磁器、素敵な照明シェードなど。上段真ん中に横たわる、プラスチックの謎の大根に注目。(笑)

a0131618_23111411.jpg

 ミニクローゼット(?)、カーテン付きの不思議な家具、ガラスの球体、丸みがたまらない照明器具。

a0131618_2345217.jpg

 そして、不思議なオーラを放つ店主の佐々木さん。

a0131618_2312645.jpg

 店内には、天井から数多くの美しい照明器具が吊るされています。
 
a0131618_231220100.jpg

 昔懐かしい感とUFO感が絶妙に融合する温かい明かり。ああ、欲しい・・・

a0131618_23151340.jpg

 ここにも愛らしい、お椀のようなシェードが、と思いきや・・・

a0131618_23152244.jpg

 本当にお椀でした!(笑)
 佐々木さんがお椀をはめ込んだ、遊び心一杯のお手製「照明のようなお椀」。
一つ一つが好奇心をかき立てる物ばかりで、時間が経つのを忘れてしまう空間です。佐々木さん、長居をさせて頂き、どうもありがとうございました。

「usé」
東京都目黒区目黒4−12ー2
TEL. 03-6452-3727

JR目黒駅から「二子玉川行き」のバスに乗って、バス停「元競馬場」で下車。徒歩1分。「元競馬場交差点」の一角のウナギ屋さんがある道を入ると、すぐお店が見えます(左側)。
[PR]
by kanzenhakkou | 2010-11-06 01:41 | 古いもの | Comments(0)
<< 幸せなバースデーパーティー 折形カフェ >>