ブログトップ

毎日、完全醗酵(して生きたい日記)

kanzenhakk.exblog.jp

折形カフェ

a0131618_17505135.jpg

 11月3日。今日は、折形デザイン研究所にてpetit culが期間限定のCafeを開いている「折形カフェ」に行ってきました。松澤紀美子さんの美味しいコーヒー(または加賀棒茶)と焼き菓子の「焦げシュクル」が頂けます。
 企画展に合わせて、petit culの素敵な布のコースターと、山口信博さん澄敬一さん所蔵のお茶に関する古い道具も販売されています。

a0131618_1751183.jpg

 私はコーヒーをお願いしました。布のコースターは松澤紀美子さん作。松澤さんは、この他にも手作りのリネンやコットンのバッグ、タオル、エプロンなどの、しみじみと美しく、毎日使いたくなる布の製品を作られています。

a0131618_1752350.jpg

 サクッと香ばしい焦げシュクル。コーヒーが更に美味しく感じます。

a0131618_18283862.jpg

 今日はとても気持ちの良いお天気で、お座敷に座りながら、外を眺めるお茶の時間は至福の時でした。お客さんたちも楽しそう。

a0131618_17524858.jpg

 澄敬一さんと松澤紀美子さんの著書「1x1=2(二人の仕事)」と、大西静二さんの著書「裸形のデザイン」

a0131618_1755842.jpg

 夕方、日が陰って肌寒くなってきたので、山口信博さんが骨董市で見つけられたという、見た事もない格好いい石油ストーブを出してこられました。足下を暖めながら談話中の山口さんと大西静二さん。大人の世界!(思わず隠し撮り)

「折形カフェ」は、11月6日(土)までです。
13:00〜19:30(l.o/18:30)
場所は、青山の折形デザイン研究所


 
[PR]
by kanzenhakkou | 2010-11-03 23:10
<< 「usé」(ユゼ)に行ってきました パスタで動けなくなる >>