ブログトップ

毎日、完全醗酵(して生きたい日記)

kanzenhakk.exblog.jp

ミラノ編〜小川家での夕べ

a0131618_11592885.jpg

 この日は、ヴェネツィアでお世話になった、ともちゃんのご家族の小川家のお宅に招待して頂きました。ともちゃんのお母さんである、小川久美子さんのお料理が昔から大好きでした!(楽しみ〜・・・)
 小川家へ日本からの贈り物。田嶋君の実家の酒蔵のお酒「福千歳」山廃純米、そしてそこのお酒を贅沢に使った「大吟醸酒化粧水」(日本酒には天然の保湿成分が多く含まれます!)、お気に入りの醗酵調味料の「しろたまり」、と柿太水産の「いかごろソフト丸干し」です。

a0131618_11594277.jpg

 前菜のアーティチョークのアンチョビ詰め、オーブン焼き。

a0131618_11595630.jpg

 感動する程、上品な味のおからの卯の花。

a0131618_1201458.jpg

 そしてこの日は、ともちゃんが作ったセイタン(小麦から作ったベジミート)ミートソース、お豆腐のラザニアも!セイタンから手作りです。すごい・・・(尊敬)

a0131618_120291.jpg

 そして、ミートソースの味付けもすご〜く美味しいです。バルサミコ酢を少し加えるのがポイントだそうです。

a0131618_1243044.jpg

 ホームメイドの唐辛子オイル。

a0131618_1205063.jpg

 左から久美子さん、ともちゃん、小川のケンさん(ともちゃんパパ)。

a0131618_1215329.jpg

 ワインを少し飲んだら、今度は日本酒へ。小川さん「酒はぬるめの燗がいい〜・・・、つまみはあぶったイカがいい〜」と、福千歳のお燗と、いかごろの丸干しを持って嬉しそうに登場。

a0131618_1213196.jpg

 小川さんは、「いかごろ丸干し」を以前食べて以来、大フアンになったそうです。焼く時は他の誰にも触らせないそうです(笑)。「日本酒にはこれだね!」とみんなでしみじみ、日本人に生まれたことの幸せを味わいました。
 福千歳の優しい味のお燗も大評判でした。ともちゃんは「今まで知っていた日本酒のツーンというのがない」「これなら飲める!」と美味しく飲んでいました。「純米」だからでしょうか?
 
a0131618_1265145.jpg

 最後は、大好きな久美子さんの「こづゆ」。貝柱でお出汁を取った、具だくさんのおつゆ(とても手間がかかります)。とてもきれいな味で、お腹の中から温まる、いつも癒されるおつゆです。本当にごちそうさまでした!
久美子さんに日本でお店を開いてもらいたい・・・

a0131618_127562.jpg

 ともちゃんに特注で作ってもらったアクセサリーを持つ田嶋君と、福千歳の化粧水を持つともちゃん。楽しい夜でした!ミラノ最後の夜を、優しさ一杯で締めくくってくださった小川ファミリー、どうもありがとうございました!
 
 
 
[PR]
by kanzenhakkou | 2010-03-25 00:27
<< 板粕の智恵 ヴェネツィア編 >>