ブログトップ

毎日、完全醗酵(して生きたい日記)

kanzenhakk.exblog.jp

ミラノ一日目

a0131618_2415740.jpg

 ミラノに着きました。今回の滞在は福千歳の田嶋君も一緒です!まずはボンゴレのスパゲッッティー。

a0131618_246712.jpg

 お天気も良かったので、ミラノのスフォルツァ城のある公園を散歩。読書好きの田嶋君は早速ベンチで小説を開きます(演技派!)

a0131618_2425187.jpg

 お城の前のベンチでおばあちゃんたちがほのぼのおしゃべりをしています。あそこの間に混ぜてもらいたい・・・。イタリアはとにかく時間の流れがゆっくりです!

a0131618_2513943.jpg

 教会の前の、神父さんの銅像の足下で気持ち良さそうに寝ているわんちゃんたち。ほのぼの〜・・・。
 
a0131618_2534013.jpg

 ミラノ中心街の古本市。車がディスプレイ台です(笑)。

a0131618_342962.jpg

 食材屋さんをまわっていると、なんとイワシの魚醤が!今までイタリアで魚醤は見た事がなかったので早速買ってしまいました!古代ローマでは、魚醤はよく使われていたという話しを聞いたことがあります。原料はイワシ、塩のみ。オリーブオイルとの相性がよく、お勧めは、にんにく、唐辛子のパスタや、サラダだそうです。今度使ってみよう!

a0131618_255509.jpg

 中心街から徒歩10分程にある素敵な自然食材店の「Centro Botanico」。

a0131618_2562762.jpg

 お店の中はとても広く気持ちの良いスペースです。食材だけでなく、雑貨、農具なども置いています。素敵なイベントスペースも。

a0131618_2565320.jpg

 BIOの野菜、果物。

a0131618_257551.jpg

 オーガニックのオリーブオイルコーナー。

a0131618_2584921.jpg

 オーガニックビール!(の手書きの看板)

a0131618_2591041.jpg

 オーガニックビール。ビオワインも豊富です!

a0131618_321164.jpg

 自然食材店は日本の食材もいろいろ置いてあります。今回はお餅まで!玄米餅とよもぎ餅。

a0131618_323428.jpg

 ひじきも発見。
 
a0131618_333921.jpg

ロイヤルな雰囲気のわかめ。まだまだ面白いものがたくさんあります!それはまた後日。
明日からフィレンツェ〜シエナに行ってきます!
[PR]
by kanzenhakkou | 2010-03-02 05:48 | 旅先で食べる | Comments(10)
Commented by ぼっしーに at 2010-03-02 17:26 x
ボンゴ~レ~ゆうじんくん!
春休み楽しんでるね♪
イワシの魚醤気になる気になる。
ラベルの絵はどう見てもイルカっぽいけれど。
Commented by やまもとようこ at 2010-03-04 18:00 x
ボッシーノ ゆうじんくん!
うらやましいほど楽しそう! 田嶋くんのポーズにも笑った笑った。
ひじきとわかめが気になりますー。
ひじきは佃煮?
ときに、イワシの魚醤。別商品ですが瓶が素敵なイタリア産(材料はイワシと塩のみ)が、日本で100ml 2300円で売られていました。あまりに高いので購入し、ティスティング。味はきれいでしたが、さすがに高い〜と思いましたとさ。瓶の美しさ、プレゼンテーションの素敵さはさすがイタリア!
Commented by ともや at 2010-03-04 22:05 x
むむ、いつかは 行きたいですね。
Commented by 毎日、完全発狂 at 2010-03-05 00:17 x
ぽる~ぽ ゆうじんくん!
私の、イタリアでの思い出はミラノの教会で出会ったマルコです。。。
今度、燻製パーティしましょう!!!!
Commented by benny at 2010-03-05 20:50 x
イタリアですか!ステキ☆
魚醤がイタリアにもあるなんて、知りませんでした。
餅にヒジキにワカメ・・・どれもこれも日本食とは思えないパッケージですね。
Commented by kanzenhakkou at 2010-03-06 05:39
ぼっしーにさん
魚醤はまだ味見しただけなのですが、臭みもあまりなく、旨味たっぷりでとても美味しかったです!頭と内蔵を除いたイワシを塩で漬け込んで、5ヶ月ほど醗酵させているそうです。
やっぱりつっこまれてしまいましたね。はい、ラベルの絵は正にイルカです(笑)。最初は、もしかしてイルカ醤?と思ってしまいました。
ぼっしーにさんのブログを見ていたら、お造りが食べたくなってしまいました〜!・・・にらよっちゃんも美味しそうですね。
Commented by kanzenhakkou at 2010-03-06 06:04
やまもとようこさん
田嶋君は、イタリアでそのロマンチストぶりを発揮しています(笑)。
ここの魚醤は100mlで860円程でした。輸入していると更に高いのでしょうね。南イタリアのサレルノ県のチェターラでは、昔から作られているそうです。
ひじきは食べていないのですが、説明によると、お醤油、黒酢(壷酢)で煮てあるそうです。どんな味なんだろう・・・
やっぱりイタリアのプレゼンテーションへのこだわりはすごいですね!
Commented by kanzenhakkou at 2010-03-06 06:05
ともや兄ちゃん
コメントありがとうございます!いつか是非遊びに来てください。って僕はもう住んでいないのですが(びっくりするくらいのんびりしている国ですよ!)。東京はまだ寒いですか?風邪をひかないように気を付けてください!
Commented by kanzenhakkou at 2010-03-06 06:11
完全発狂さん
薫製パーティーやりましょう!!
大体は見当が付いているのですが、どなたか教えて下さい(笑)。
Commented by kanzenhakkou at 2010-03-06 06:18
bennyさん
日本の思いがけない食材がいろいろ売られていて楽しいです!みんなどうやって食べているのでしょう?パッケージのデザインも、日本と全く違っていて面白いですね。
<< フィレンツェ〜シエナに行く(前編) 2月の21日の骨董市 >>